セルフのガソリンスタンドのバイトは何するの?楽なの?

セルフガソリンスタンドって、意外と楽な仕事だと思いませんか?何もしていないのに給料をもらえるバイトのように感じられて、多くの人が狙ってみたいなと思っているかもしれません。

でも、セルフガソリンスタンドのバイトは楽なように思われても、意外と多くの仕事を抱えることがあるんです。本当の情報を知っていれば、セルフガソリンスタンドでのバイトについて理解できるでしょう。

 

セルフのガソリンスタンドのバイトって本当に楽?!

 

セルフガソリンスタンドのバイトは、基本的に楽だと思われていますが、実際にはそこまで楽じゃないです。とにかく楽じゃないのは、採用している人数の関係もあり、あまり休憩時間を取れないことです。フルサービスの場合、他にも対応している人がいますから、バイトだって休憩を取れるようになります。セルフガソリンスタンドの場合、2人程度で監視していることが多いので、休憩時間があまり長くありません。

楽だと思われているのは、なかなか人が出てこないとか、見ているだけで仕事が終わっているからと思われています。でも監視している以外にも、やらないといけないことは多くなっています。意外と肉体労働も多くなっていますから、セルフガソリンスタンドでも楽じゃないと思うことは多いでしょう。

 

監視をしているだけと言っても、数時間同じモニターを見ているだけなんてことは大変です。問題が起きてしまったら大変ですから、目を離すわけにもいきません。長くモニターを見ていると、時間が経過していないと思われるようになり、むしろ動いている方が楽かなと思えることだってあります。

 

セルフのガソリンスタンドのバイトがする仕事内容とは?

 

バイトの仕事としては、まずセルフガソリンスタンドの監視業務があります。モニターが設置されていて、監視カメラによって何をしているか確認しています。おかしなことをしている場合には、スタッフが出て対応を行う必要もあります。多くの場合は問題ありませんが、稀に給油作業を間違えててやり直したいなどの問題が出ており、スタッフが給油場所まで行って対応することもあります。

次に、セルフガソリンスタンドには様々な設備があります。洗車のための設備だったり、トイレを設置しているところもあるでしょう。これらの設備については、セルフガソリンスタンドのスタッフが掃除を行います。点検作業も行っていて、正しく動かせるようになるか見ておきます。トラブルが起きている場合は、使えないことを示した上で、修理の依頼を出さなければなりません。

 

ある程度の時間が経過して、人がいないタイミングが生まれるようなら、スタンド全体を水などで掃除したり、給油機に入っているお金の調整を行います。お釣りが出てこないトラブルにも対応しないと駄目で、足りない硬貨を入れる作業もあります。

 

セルフとフルのガソリンスタンドバイトの仕事内容や給料の差は?

 

フルサービスの場合は、車の窓を拭く作業があります。でもセルフガソリンスタンドにはありません。セルフガソリンスタンドの場合は、ドライバーが個人的に行っているだけなので、窓を拭いたり吸い殻を捨てるなんてことはありません。その代わりに、セルフガソリンスタンドの場合は監視を行っていると考えてください。

もう1つ違いのあるところは、フルサービスだと車の整備を行っていますが、セルフガソリンスタンドはあまり行っていません。大手のガソリンスタンドで、整備士を採用しているところなら対応できますが、それ以外だと自動車整備士の資格を持っている人がいないので、車の簡単な整備は行なえません。フルサービスでは、作業をしている人も多くいますので、整備の部分は違いを持っているでしょう。

 

給料については、仕事内容によってやはり影響が出ています。フルサービスのバイトをしているなら、1000円くらいの時給を受けられる場合もあります。夜勤や早朝であれば、もっと給料を高められるチャンスがあります。

一方でセルフガソリンスタンドの場合、バイトをしている人は900円程度、もしくはそれよりも低い価格で時給が設定されます。かなり低いところもあるくらいで、フルサービスには到底かなわないような給料となります。

 

給料の差はかなり大きなもので、フルサービスの方が稼げる傾向はあるでしょう。

 

こんな人におススメ!フルとセルフのガソリンスタンドのバイト!

 

ガソリンスタンドのバイトを考えている人は、車について理解していることが望ましいです。車をよく調べたり、見る機会が多くなっている人は、ガソリンスタンドのバイトに向いています。様々な車に触れる機会でもありますし、相談されることも多くあります。その中でいいとされている整備、メンテナンスを行う場合もありますので、車をより理解できるチャンスです。

ある程度集中して作業のできる人も、ガソリンスタンドのバイトは向いています。こちらはセルフガソリンスタンドのほうが向いているかもしれません。セルフの場合は、画面ばかり見ていることも多くなり、ほとんど外に出ていかない日もあります。それでも集中力を切らさないようにして、バイトを続けていく必要がありますので、集中できることは大きなポイントとなります。

 

他にも、面倒見のいい人のほうが向いているバイトです。フルサービスの場合は、気になる部分を見つけて相談して、整備を提案していくことも可能です。セルフは、気になることを見つけたのであれば、進んで声をかけに行けるようになりますので、トラブルを防ぎやすくなるでしょう。

 

まとめ

 

セルフガソリンスタンドだって、楽な仕事ではありませんし、求められている要素がフルサービスと異なっています。フルサービスは体力勝負となりますが、セルフの場合は集中力と根気が大事だと考えて、バイトを検討するといいでしょう。

また、バイトの場合でも、セルフは危険物の資格を要求されます。フルサービスにはない要素ですので、仕事ができる人は限られていると思ってください。ある程度給料の問題もありますが、集中して作業のできる人は、セルフでも仕事を続けられるでしょう。

当ブログには管理者の他、各アルバイト経験者の方が多数参加して、嘘の無い実体験をお届けしています。