清掃バイトってきつい?つらい?評判は?元清掃バイト経験者に聞いてみた

今回は「清掃のバイト」について、本音のところをお伝えしていきたいと思います。アルバイト情報誌のWEBサイトなどにも同じような記事はありますが、どうもきれいごとしか書いていないような気がしますよね?

 

実際、清掃の仕事はどんな仕事内容なのか? 

また清掃の仕事は、「楽って言う人もいれば、辛いっていう人もいるけど、実際のところはどうなの?」という事に至るまで、「実はそれを聞きたかった!」という情報をお届けしたいと思います。

 

清掃バイトの仕事内容とは?

清掃バイトの仕事内容は、非常に多岐にわたります。

まず清掃をする場所で分類すると、「個人の家」か「オフィスや店舗」「ホテルや旅館」というような感じで分かれます。また具体的な仕事内容で分類すると、一般的な家やオフィスの床などの清掃・トイレや風呂の清掃・パチンコ店の清掃などの仕事に分かれます。

 

具体的に例を挙げると、オフィスが閉まっている間にフロアの掃除機をかけて、専用のポリッシャーでカーペットを清掃したり、また旅館やホテルであれば、宿泊客がチェックアウトした後に、客室のフロアやベッド付近を清掃したりする仕事になります。又パチンコ店の清掃のバイトであれば、遊戯台を清掃したり、店舗の床やトイレを清掃する仕事を担当します。

 

ざくっと分けると上記のような感じなのですが、基本的には汚れたところをきれいにする仕事ですから、楽な仕事ではないという事になります。ただ、この後お伝えしていきますが、中にはオイシイ清掃の仕事もあります。

 

清掃バイトはここが楽しい!

なにが楽しい??って聞かれると、基本的に仕事というものは、そんな楽しい事はあまりありません。

 

しかし、清掃のバイトはその仕事ならではの楽しみがあるのも事実です。例えば、汚れたトイレを綺麗にした瞬間というのは、なんとも言えない達成感がありますし、中には「いつも綺麗にしてくれてありがとう!」と声をかけてくださる方も居ます。そんなふうな声をかけてもらうと、「あ~やってて良かったな」と思うこともよくあります。

 

また、清掃のバイトは「時給」の場合と、「1現場あたりいくら」という二つの方法のどちらかで給料が支払われますが、後者の場合だと予想以上に現場が早く終わる事もあります。例えば、一つの現場で3,000円という仕事の場合、普通なら一つの現場で2時間かかるところ、たまに1時間で終える事ができれば、「ちょっとラッキー」ってなりますよね?そんな時も、清掃バイトの楽しさを味わえる瞬間です。

 

清掃バイトの何がつらく、きついの?

清掃バイトは、「体力面」と「精神面」、このふたつが辛い時があります。各々について、少しご紹介していきましょう。

 

<体力面でつらい事>

清掃の仕事は、床の清掃などは特にしゃがんだままの姿勢を、ずっと続けないといけません。そんな事をずっと続けていると、いつかは腰痛にもなってしまいますし、筋肉痛も伴います。また細かい作業の清掃を続ける作業のときは、薬剤と指がこすれて、指先が本当に痛くなる事もしばしばです。

 

<精神面でつらい事>

例えば、ラブホテルの清掃バイトは、精神的に辛い清掃バイトの典型的な例です。綺麗に部屋を使ってくれる客は少なく、中には汚物や薬物、さらには血液なども付着したものを清掃しないといけません。さすがにそういう現場をいくつも経験するとなると、精神的にも参ってしまいます。

 

清掃バイトは短期でも可能?

では、清掃バイトは短期・長期…、どちらのほうが有利なのでしょうか?

 

それは、正直なところ仕事の内容によると思います。例えば窓拭き清掃や床のポリッシャーかけなど、ある程度の経験値が求められるような清掃作業の場合は、長期のバイトで経験を積んだ人のほうが時給も有利になります。

その一方で、素人でもできるような単純な拭き掃除などの場合は、特に経験は要求されないため、短期バイトでも採用される確率は高くなります。

また、清掃バイトが必要となる現場によっても、長期か短期かが分かれます。

例えば、イベント会場の清掃などは、イベントが実施される時期しか採用募集はありませんし、就業期間も非常に短くなります。一方、オフィスや店舗などの清掃業務の場合は、長期で募集されるケースが多いようです。

 

清掃バイトの服装、髪型、ネイル、髪色は?

最後に、清掃バイトの面接に応募する際の注意点についても、お伝えしていきたいと思います。

 

<服装>

清掃バイトの場合は、作業中は作業服や私服などを着用しますので、特に面接でスーツなどを着用する必要はありません。しかし、仕事柄几帳面さが要求される仕事でもありますので、スーツでないとしても、ビジネスカジュアル的な服装で面接に臨まれる事をおすすめします。

 

<髪型・髪色>

次にヘアースタイルについてです。この点については作業をする場所や、募集をしている会社によるのですが、やはり清潔感を売りにする仕事柄、長髪などは避けておいたほうが良いでしょう。またオフィスの清掃や店舗の清掃の場合は、それらクライアントの目に触れる場所で働くことにもなるので、極端な髪色…(例えば金髪など)は避けておいたほうが良いでしょう。

 

まとめ

清掃のバイトは、募集している会社や清掃場所にもよりますが、比較的高給で募集されているケースが多いようです。それだけ体力的・精神的にも辛いことが予想される訳ですが、逆に言うと、慣れてしまえばこれほど対人関係のストレスが少ない職種はありません。

 

また清掃のレベルによっては、手に職を付けることも可能ですので、中には清掃の仕事を一生の仕事として独立まで果たしている方も少なくありません。

 

以上、もし清掃の仕事を探しておられる方がいらっしゃいましたら、今回の記事が参考になれば嬉しく思います。

当ブログには管理者の他、各アルバイト経験者の方が多数参加して、嘘の無い実体験をお届けしています。