徹底解説!バイトの面接時に聞かれる質問、答えのテンプレート!

アルバイトに応募したのはいいものの、いざ「面接」となると、とても緊張しますよね?

 

「どんな質問がくるんだろう?」とか「質問に答えられないと不合格になるのかな?」など、ざまざまな不安が頭をよぎります。

 

今回は、そんな面接時での質問、というキーワードをテーマに、皆様の役に立つ情報をお届けしたいと思います。面接でよく行われるような質問とその答え、さらには「え?こんなことまで聞かれるの?」という想定問答集もお届けしたいと思います。

 

面接時によく聞かれるバイトの質問と答えのテンプレート

ここからは、ほとんどの面接で聞かれるであろう、代表的な質問と、その答えのポイントについて、解説していきたいと思います。

 

1.こちらのアルバイトに応募された動機を教えてください。

これはほぼ100%聞かれる質問だと思ってください。この質問の意図は「本人にやる気があるかどうか?」」という事です。したがって、あまり答えの内容に悩む必要はなく、自分の意志をしっかりと伝えることができれば、それでOKです。

 

正社員ならどもかく、所詮アルバイトですので、やる気さえ感じ取ってもらえればそれで大丈夫です。例えば「とにかくお金を稼ぎたい!」という事でもかまいませんし、「接客スキルを身に付けて将来に役立てたい」という動機でもかまいません。

 

2.週に何回くらい入れますか?

飲食店などでは、よくこの質問をされます。これも理想的な答えはないのですが、無理して答える必要はありません。自分がシフト上可能な、出勤日を答えるようにして下さい。

 

3.家から何分くらいかかりますか?

あまり遠いと、通勤に負担がかかったり交通費が高くなるので、一応確認までと言う感じで聞かれます。正直に答えるようにして下さい。

 

4.自分の長所短所は?

これは自分なりに自分を分析できているかどうか?短所は短所として認識して、改善しようとしているか?という主旨で尋ねられます。急に聞かれても答えられないことがあるので、事前に準備しておきましょう。

 

5.前のアルバイトはなぜ辞めたのですか?

職を転々としていないか?安易な理由で辞めないか?という事を心配して聞かれます。ここでは「仕事が嫌になった…」という理由は言わないようにしましょう。できれば「シフトの都合が合わず」とか「学校や家庭の事情で…」と適当な言い訳を用意しておきましょう。

 

6.趣味は?

この質問は特に意図はありません。自分なりの考えや趣味思考を持っているかどうかが確認されます。取り繕わずに正直に答えましょう。

 

7.何か得意な仕事や自慢できる事はありますか?

アルバイトとはいえ、協調性が大事なので、仲間と楽しくやっていけるか?などがこの質問で問われます。あまりなかったとしても「料理が自慢です!」など、身近な話題は持っておきましょう。

 

8.時給について「この条件で大丈夫ですか?」

念のために支払われる時給について確認されます。ここは逆に質問ができるチャンスでもありますので、支払いの時期だとか支給される手当てについても確認しておくようにしましょう。

 

9.いつから来れますか?

この質問も単なる確認と思って大丈夫です。自分は明日から行けると思っても、先方の人員シフトなどの都合が合わないかもしれませんし、その逆もあります。無理のない範囲で、出勤をスタートできる日を答えるようにして下さい。

 

10.他に質問は?

この質問もよく聞かれます。特に無い場合でも、こちらのやる気を見せるチャンスですので、「ご縁があって採用されたとしたら、初出勤までにやっておくべき事はありますか?」などという質問も好印象でしょう。

 

バイトの質問で合否が決まることってあるの?

バイトの質問は、その質問に対する回答内容というよりは、自分なりの意見を持っているか?とか、コミュニケーションをしっかりとれるか?という事が問われます。したがって、面接で落とされるとすれば、答えた内容で落ちるというよりは、答える態度や答え方、そして自分の意志を持たずに、熱意が感じられない場合などが理由である事がほとんどです。

 

したがって、どんな質問であっても、自分の意志をしっかりもって、大きな声で返答できるように準備しておきましょう。

 

バイトの面接時にあまり聞かれないけどこの答えは用意しておくべき!

中にはこんな突拍子のない質問もされる事があります。

 

1.彼女(彼氏)はいるの?

まったくもってバイトとは関係ない質問です。「そんな事はバイトの面接に関係ないと思います!」と言いたいところではありますが、興味本位で聞いてきているだけですので、さらっと「ご想像におまかせします」とだけ答えておきましょう。

 

2.この面接落ちたらどうするの?

この質問もおそらく意図はありません。「落ちたら落ちたで、次を考えます」とさらっと答えましょう。

 

3.他社の面接も受けてるの?良かったら会社名も教えて!

他社の面接の有無を確認される事はよくありますが、いきなりその会社名を聞かれることもあるようです。ここは答える必要もありませんので、「会社名は控えさせてください」と答えるようにしましょう。

 

4.特技を披露して下さい

特技を聞かれるだけならまだしも、それを人前で披露するように強要してくる場合があります。そのようなパフォーマンス性が求められる職種ならともかく、その他の一般職ならその場の雰囲気では披露する必要はありません。

 

5.血液型は?

これも完全なプライベートな質問ですので、恐らく興味本位で聞いてきていると思います。正直に答えても良いなら問題ありませんが、抵抗を感じるなら「血液型で性格は語れませんので!」などと、さらっと,逆に笑いを取りにいくくらいの気持ちで受け答えしましょう。

 

バイトの質問NG集

最後に、バイトの質問の答えでやってはいけないNG集についても、いくつかご紹介します。

 

1.とにかく黙る

質問に困ったとしても、黙ってはいけません。質問の意味がわからなければ、逆に「すいませんが質問の意図を教えていただけますか?」と、質問返しをするくらいでちょうどいいと思います。

 

2.だらしない姿勢で座る

面接の態度のお話になりますが、背筋を伸ばさずにダラダラ座るのはおすすめできません。印象も悪くなるので、背筋を伸ばして姿勢良く座ってください。

 

3.履歴書の字が汚い

基本的には履歴書に書かれている内容をもとに、質問が行われます。したがって、綺麗な字を書く必要はありませんが、丁寧に読みやすい字で履歴書は書くようにしましょう。

 

まとめ

面接というのは、面接する側も30分程度で、その人の人となりを判断する必要がある為、いろんな角度から様々な質問をしてくるケースがある一方で、質問の中身や意図はなにもないケースもあります。とにかく面接を切り抜けるポイントは、以下の三つです。

 

1.大きな声でハキハキと。

2.自分の意志をもって答える

3.質問の意味がわからなければ、逆に聞く

 

以上の事を心がけて面接に臨めば、おそらく合格は間違いないでしょう。頑張ってください!






 

当ブログには管理者の他、各アルバイト経験者の方が多数参加して、嘘の無い実体験をお届けしています。