バイトを辞めたいけど直接言うのは気が引ける・・・メールで辞めるのを伝えても良い?

どんなバイトをしていても、かならず「辞めるタイミング」はやってきます。働いているお店や会社が事前に辞めるタイミングを知っている場合や、円満にバイトを辞めることができれば、なんら問題はないのですが、中には辞めるのを中々言い出せなったりするケースもあると思います。

 

では、そんなバイトをやめるときの連絡は、どうすればいいのでしょうか?また連絡をするときの注意点に至るまで、解説していきたいと思います。

 

そもそもバイトを辞めるのにメールで報告するのはあり?

では、ここでバイトを辞めるときの「伝え方」について、いくつかのケースを考えてみましょう。

 

1.直接言う

これが一番スタンダードで、失礼のない辞め方だと思います。いままでお世話になったお礼を述べて、辞めたい理由を自分の口でしっかり伝えるようにしましょう。しかし、中々言い出せなかったり、引き留めされてしまう可能性が高いのも、この方法の難点です。

 

2.電話で伝える

バイトが休みのときなどに、バイト先に電話をかけて、辞める意思を伝える方法です。これも直接言うときとあまり変わりなく、引き留められたりする可能性が高くなります。

 

3.メールで連絡する

最も手軽に出来るのは、この方法です。少しだけ失礼な部分は否めませんが、やはり引き止められる可能性が少ないですし、辞める意思を伝える方法としては、比較的ストレスなく出来る方法だと思います。

では、早速メールでバイトを辞めることを伝える場合の、メールの書き方について、レクチャーしていきましょう。


何を書けば?!バイトを辞めるときのメールの件名ではここを抑えろ!

まず、件名についてですが、ここは件名を見ただけで、完結に用件が伝わるように「アルバイト退職の件」とだけ書くようにして下さい。「お世話になっております」や「お世話になります」というメールの件名では、通常の営業のメールと勘違いされて、スルーされてしまう可能性もありますので、充分注意して下さい。

 

冒頭の挨拶……どのように挨拶を入れるべき?!

次に、メールの冒頭の挨拶についてです。

ここは、簡単でいいので、これまでお世話になった事を伝え、バイト退職の用件のみ、簡単に伝えるようにして下さい。例えば、以下のような感じです。

 

「いつもアルバイトでお世話になっております○○です。メールでのご連絡となり、大変恐縮ではございますが、退職の連絡をさせていただきたく、メールさせて頂きました…」といった感じです。冒頭に結論から伝えたほうが、相手にも伝わりやすいと思います。

 

辞めるときの文章では、何を伝えるべき?

次に本文に入ります。先ほどの冒頭の挨拶からの続きですね。

 

「・・・退職の連絡をさせていただきたく、メールさせて頂きました。これまで、○ヶ月の間、アルバイトとして働かせて頂きましたが、”学業のほうが忙しくなったので”○月○日をもちまして、アルバイトを辞めさせていただきたいと思います。今まで大変お世話になり、ありがとうございました。貸与していただいていた制服などは、後日クリーニングのうえ、返却させて頂きます。以上どうぞ宜しくお願い致します」

 

といった感じです。” ”の間は、適当な辞める理由を入れてください。このメールのポイントは、簡潔に用件を伝えるという事です。だらだら細かい事を書いてもしょうがないので、簡単にメールを書くことがポイントです。

 

これだけ送れば大丈夫!バイトを辞めるときのメールのテンプレートの紹介!

では、ここで実際に使えるメールの例をご紹介しますので、是非参考になさってください。

 

1.飲食店の場合

件名:「○○(※名前)です。アルバイト退職の件」

本文:「いつもお世話になっております。突然のメールで恐縮ではございますが、この度アルバイトを退職致したく、連絡をさせて頂きました。これまで○ヶ月の間お世話になってきましたが、現在の勤務シフトと学業との両立が難しく、少し学業に専念する為に、辞めることを決意しました。メールでの連絡で大変失礼な事は重々承知のうえですが、何卒ご無礼のほどご容赦いただければと思います。それでは、今後とも益々のご発展お祈り申し上げます。今まで大変お世話になり、ありがとうございました」

 

1.一般の会社などの場合

件名:「○○(※名前)です。アルバイト退職の件」

本文:「いつもお世話になっております。突然のメールで恐縮ではございますが、この度アルバイトを退職致したく、連絡をさせて頂きました。これまで○ヶ月の間お世話になってきましたが、家庭の事情で他の仕事をする必要が出てきましたので、やむを得ずアルバイトを辞めることを決意しました。急な連絡で大変失礼な事は重々承知のうえですが、どうしても都合がつかず、やむなく辞めさせていただければと思います。尚、貸与いただいた物については、後日宅急便でお送りさせていただきます。以上、今まで大変お世話になり、ありがとうございました。」

 

◇<番外編>メール以外でバイトを辞める方法とは?

メールで辞める…という方法以外にも、先ほどお伝えしたような「直接言う」「電話で伝える」と言う方法もあります。またそれ以外にも、LINEで伝える方法や手紙を送るという方法もあります。LINEはメールと同じではないか…と考えることも出来なくはないですが、やはり退職の連絡をLINEで…というのは失礼にあたります。せめてメールで送るようにしましょう。

また手紙を送るという方法についてですが、これは文章を考えるのも時間がかかりますし、かえって重たいイメージを持たれてしまうので、これもできればやめておいたほうが無難でしょう。

 

まとめ

バイトを辞めるときというのは、やはり言い出しにくいものです。いままでアルバイトでいろんな事を教えてもらったり、プライベートでもお世話になった先輩もいるかもしれません。しかし、そういうお世話になった人が多いからこそ、いちばんやってはいけない事は、「連絡もせずに消える…」という事です。この記事でお伝えしたように、最低限メールでもかまいませんから、必ず連絡を入れるようにしたいものです。飛ぶ鳥あとを濁さず…です。最後はけじめをつけるようにしましょう。

当ブログには管理者の他、各アルバイト経験者の方が多数参加して、嘘の無い実体験をお届けしています。