簡単に説明!年末調整って何なの?!学生バイトも要注意!!!

バイトをしても、年末調整って必要なんです。年末調整って言葉は、あまり知らない人が多いかもしれませんね。

実際に年末調整って聞いても、バイトでは該当している人と該当していない人に分かれてしまいますから、年末調整を行わなくてもいい場合があります。ここでは年末調整を理解して、バイトをより安心して行えるようにしましょう。

 

アルバイトの年末調整ってなんなの?

 

アルバイトをしている人は、時給で計算されて、月払いで給料を受け取っています。ここで色々な金額を徴収されることになりますが、徴収している額が間違っていたり、控除できるものを後から追加することで、税金の額を調整できる場合もあります。ここで取り入れられるのが、年末調整となります。

所得税は、バイトが本来支払う金額よりも、少し多めに取られています。この金額を取り戻すためには、年末調整を行うしかありません。行わないと、そのまま税金として取られてしまうので、返してくれる分は返ってこないのです。本当に受け取れる給料のためにも、年末調整はしっかり行いましょう。

 

一緒の行いたいのが、税金控除に関連する書類などの提出により、これだけの金額が控除対象ですと通知するものです。本来支払っている税金は、あらゆる保険などで控除することもできますから、バイトでも保険に加入しているなら、その支払明細などを提出することで、税金を返してもらうことが可能です。

 

結局年末調整っていくら超えたらいくら支払うの?!

年末調整は、行う対象となる人が決まっています。下限は設けられていなくて、上限は2000万円以下に設定されます。つまり大半のバイトであれば、年末調整の対象となっています。

ただ、年末調整用の書類として、給与所得者の扶養控除等を申請する書類があります。こちらを仕事をしている人に出していない場合、対象になりません。書類を会社が出さない、つまりバイト先が出さないようにしているなら、年末調整の対象にはなりません。

途中でバイトを辞めている場合は、年収103万円以下の人が対象となります。103万円を超えているような状況となった場合は、年末調整の対象から外れることになります。

 

年末調整は、税金の計算が正しいかチェックする方法です。戻ってくる可能性も高くなっていますが、税金の計算を間違えている場合に、逆に支払いの対象となるケースもあるので注意してください。

 

バイトを掛け持ちしている人の年末調整とは?

バイトを掛け持ちしている人の場合は、年末調整をそれぞれのバイト先で行ってもらうことができません。どちらか1つに絞り込んで、片方では年末調整を、別のバイトは確定申告で対応します。ここで考えたいのが、どのバイト先が給料を多くしてくれるのかです。

給料の多いところをベースとすることが、バイトでは重要になっています。給料を多くもらっているところで年末調整を行ったほうが、手続自体は楽になります。収入が少ない方は、副業扱いとされるケースが多いので、一番収入をもらっているところでお願いしてください。

 

年末調整をされなかったところは、2月から3月に実施される確定申告を行って、税金の支払いを後日行う書類を自分で作成します。源泉徴収票は受け取れるので、掛け持ちをしていることを告げておけばバイト先が対応してくれるでしょう。

 

バイトを退職した場合の年末調整は?

バイトを退職している場合は、年末調整をしなくていいだろうと思われていますが、その時点での年収が103万円以下となっていて、給料によって2000万円以下の収入を受け取っているなら、年末調整を行います。

しかし、年末調整に必要な会社と契約をしていませんから、個人で対処するしかありません。バイトを辞めているのであれば、確定申告を2月から3月の間に実施します。

 

確定申告の場合は、バイト先から源泉徴収票などが送られてくるようになり、指示通りに入力していけば年末調整と同じことが可能になります。支払っている税金が還付される可能性もありますので、バイトを辞めたとしても手続きを行っていく必要があります。

 

これをして年末調整を避けよう!

年末調整を避けたいと思っているなら、かなり金額を得た上でバイトを辞めるという方法があります。年末調整の対象になるのは、仕事を続けている人、もしくはバイトを辞めたけど年収103万円以下の人です。該当しない人は、103万円以上の収入をもらい、その上でバイトを辞めているケースです。これなら手続きを行っていく必要はありませんので、無視しても大丈夫です。

とにかく収入を多くした後で、年末調整に必要な期間に入るようなら、バイトを辞めてしまえばいいのです。これで年末調整の対象には入りません。ただ確定申告が必要となってきますので、2月から3月に同様の行為を行わないといけません。面倒かもしれませんが、しっかりと対応してください。

 

収入を少なくしても、微妙な税金の問題で年末調整をさせられる可能性が高いです。回避したい場合は、多くの稼ぎを持っていたほうがいいと考えてください。

 

まとめ

バイトの年末調整は、意外と起こりやすいものです。通年の仕事をしているバイトであれば間違いなく発生して、期間限定の場合でも対象となる場合があります。対象となっている場合に、何らかの手続きが必要だったり、記入や書類を揃えるのが面倒だと思っても、税金が返ってくる可能性もあります。行わない選択は避けるようにしましょう。

特に大量の税金を払っている人の場合、保険などに加入しておくだけで税金が多く返ってきます。戻ってくる金額が多ければ、ちょっとしたお小遣い程度の金額を受けられるようになりますよ。





 

 

当ブログには管理者の他、各アルバイト経験者の方が多数参加して、嘘の無い実体験をお届けしています。