知識が役立ち、知識が広がる、書店のバイト生活

 

    

最近では書籍をインターネットで購入する人も増え、書店に足を運ぶ回数が減った人も多いのではないでしょうか。

欲しい本が決まっている時は、わざわざ書店まで足を運ぶ必要がないので、インターネット通販は便利です。

でも時間をつぶすためにたまたま入った書店で、思いもかけず面白そうな本を見付けて、ついつい長居してしまったことはありませんか?見れば見るほど新しい発見があり、自分の知らない世界が広がる書店という場所。

働いている人はどのような人達なのでしょうか。

筆者は以前、短期ですが書店のアルバイトを経験しました。

そこで感じた書店の雰囲気、働いている人の様子は他の業種では感じない特別なものです。

少ないながらも、筆者の書店でのアルバイト経験を踏まえて、書店でのバイトについて仕事内容や魅力、どんな人に向いているのかを解説していきたいと思います。

書店でのバイトの仕事内容は?

書店での仕事は本の販売に関する業務です。

細かく分けるとレジでの接客、商品の品出し、書棚の整理整頓、本の包装、返品作業、店内の掃除などがあります。

小さな書店では1人でどの業務も対応していくようになるのですが、大型書店の場合はどれか一つの仕事を担当することもあります。

お店の大小関わらず、たいていの仕事は営業時間の書店内で作業をするため、どこで何の作業をしていても、お客様からの問い合わせに対応することになります。

問い合わせの内容も様々で、探している本の売り場の問い合わせや、在庫の確認、発売日の問い合わせや、メディアに出ていた本がどれかなど、ありとあらゆる問い合わせがあります。

書店の社員なら大抵の問い合わせにはスムーズに応えられるかもしれませんが、お客様にとっては社員でもバイトでも書店の店員には変わりないので、バイトであろうとお客様から話しかけられる頻度は変わりません。

書店でバイトするために必要な資格やスキル

f:id:pasem:20171002171118p:plain

本を扱うからと言って、図書館の司書のような資格は必要ありません

一日中パソコンを使っての資料作りのスキルも必要はないので、在庫を問い合わせる簡単な端末操作くらいが出来れば大丈夫です。

機械が苦手でも、現在はバーコードでスキャンするレジが一般的なので心配ありません。

その為、週2などの連続勤務でなくても、学生でも応募できます

OAのスキルや本についての資格も必要ではありませんが、書籍や雑誌など書店で扱っている商品について知識がある方が仕事はスムーズです。

お客様からの問い合わせを受けて対応するときも、知らないより知っていた方が断然対応は早く、問い合わせ以外の業務でも、店舗のレイアウト一つとっても知らないより知っていた方が理解が早いからです。

働きやすさから考えると、全く本にも興味がない人よりも、ある程度興味があったりする方が働いていて楽しさも感じるでしょうし、本好きにとってはとても毎日が充実したバイト生活になると言えます。

本の知識以外であった方がいいものがあります。

それはコミュニケーション力です。

書店でのバイトは、仕事中あまり同僚とコミュニケーションをとる機会はありませんが、お客様からの問い合わせに対応するためにはコミュニケーション力が必要になります。

聞かれるのは簡単な質問だけならいいのですが、「昨夜のテレビで紹介していた本を探している」「20代におススメの雑誌を知りたい」など、お客様と一緒に答えをださなければならない問い合わせも多いのが書店の特徴

お客様が探している商品をスムーズに探し出すためにも、コミュニケーション力は必要になります。

書店で長期バイトをしていた友人に聞いた!書店バイトのメリットとデメリット

筆者には長期にわたり書店でバイトしていた友人がいます

その友人に書店でバイトすることのメリットとデメリットを聞いてみました。

書店でバイトしているメリットの1つは、何といっても沢山の情報を得る

f:id:pasem:20171002171307p:plain「情報通」になれることです。

書店には常に様々なジャンルの商品が並んでいて、毎日目にして題名をチラッと見るだけでもかなりの情報を得ることが出来ます。

今、何が流行っているのか。これから何が流行るのか。

マンガのジャンルであったり、小説だったり、絵本だったり、科学雑誌だったり、専門誌だったりと、赤ちゃんからお年寄り向けの本まで、ありとあらゆる情報が入ってきます。

またお客様から問い合わせを受けることによって、自分の知らなかった本を沢山知る機会も多いです。

そして毎年世の中を賑わせるノーベル賞や芥川賞、直木賞などについても、話の内容は知らなくても題名や作者はいち早く情報が入ってくるので、ちょっとした情報通になることが出来ます。

それから稀にですが、書店でよく目にするf:id:pasem:20171002171307p:plain本の紹介のポップ

小さな書店などの場合は、知識があればバイトでも書かせてもらえる場合があります

お客様に商品を紹介するのですから、それなりに豊富な知識がないと出来ない仕事ですが、このポップ作成を任された場合には、目に止まるようにデザインスキルや、プレゼン力が培われます。

何より自分の商品紹介を見て購入してくれたお客様がいたら、とても嬉しいですよね。

長期の書店アルバイトをしていた筆者の友人はマンガ研究会だったため、イラスト技術を買われ、漫画コーナーのポップをかなり早い段階から任されていました。

マンガに対する豊富な知識とイラスト力が役に立った例ですが、自分じゃなきゃできない仕事があると言うモチベーションで長く勤めることが出来たと話していました。

楽しいばかりのような書店のバイトにもデメリットもあります。

それはどんな作業をしていても、常にお客様の対応はしなければならないこと。

売り場を整理していても、新刊を運んでいても、他のお客様の問い合わせの商品を探していても、お客様は構わず話しかけてきます。

もちろんお客様にはこちらが何の仕事をしていても関係ないので仕方ありませんが、途中で作業を止めなければならないことで、全然仕事が進まないこともあります。

もちろん仕事がはかどる日もありますが、常に集中して働けると思わない方がいいです。

書店のバイトに向いている人

書店のバイトには資格やスキルは必要ないと解説しましたが、楽しくスムーズに仕事をするには向いている人の方がよいでしょう。

どのような人が書店のバイトには向いているのでしょうか。

まずは本が好きな人

本好きなら元々本に関する知識も豊富で、興味がない人の何倍も仕事がしやすいと思います。

またコミュニケーション能力がある人

お客様とのやりとりが必須なので、ぶっきらぼうでお客様の話を聞けない人には向きません。

それからデザインや文章能力がある人は、ポップを作る作業を任されたときにとても役立つと思います。

好きな本のジャンルがそれぞれなら、服装も個性的で良いのでしょうか。

書店にはロックバンド向けの雑誌もあるかもしれませんが、専門書なども沢山置いてあります。

どんなお客様でも感じの良いように、清潔で動きやすい服装が良いと思います。

商品を運んだり、高い棚の上の作業で脚立に乗ることを考えると、スーツまでカチッとしている必要はありません。

お客様から見て、清潔感があり、派手過ぎなければ大丈夫です。

お客様商売なので、服装については面接の時から注意をした方がよいと思います。

まとめ

書店のバイトについて解説してきました。

本好きの人にはとても魅力的に感じ、本に興味がなくても、手っ取り早く情報通になれるバイトだと思いませんか。

書店でバイトすることで、自分の持っている知識を生かすことが出来、また自分の知らない世界も広がりそうですよね。

書店のアルバイト募集は、東京・大阪などの首都圏の場合はタウンワークやマイナビバイトなどで多数掲載されています。

地方で小規模な個人経営の書店が多い地域は、ハローワークの求人情報や、店頭にバイト応募の求人が貼りだされていることもあるので、興味があったらまずは書店をのぞいてみてください。

当ブログには管理者の他、各アルバイト経験者の方が多数参加して、嘘の無い実体験をお届けしています。