業界別!アルバイトの履歴書に書く志望動機のテンプレート~面接対策まで!

 アルバイトに応募する時に、提出を求められる「履歴書」。

採用する側は、あなたの履歴書をみながら、いろいろな質問をぶつけてきます。

履歴書左側の書き方で「あなたの一般常識」、右側の書き方で「あなたのやる気・ポテンシャル」を推し量りながら質問しているのです。

 

 

具体的な説明に入る前に、履歴書の一般的な書き方と注意事項を押さえておきましょう。

 

<履歴書左側の書き方>

記入欄

書き方

日付

・持参する場合は、面接日を書く
・郵送する場合は、投函日を書く
・和暦を使う

氏名

・楷書で書く

(氏名の)ふりがな

・「ふりがな」と記載されている場合は、かなで書く
・「フリガナ」と記載されている場合は、カタカナで書く

電話番号

・連絡を取りやすい番号を書く
・携帯番号でもOK
・固定電話がある場合は両方書く

写真

・服装はスーツが基本
・頭髪を整える事にも注意
・過去3ヶ月以内の写真を使う
・枠に沿ってきれいに貼る

住所

・都道府県名から書く
・マンション名、部屋番号も忘れずに書く

(住所の)ふりがな

・「ふりがな」と記載されている場合は、かなで書く
・「フリガナ」と記載されている場合は、カタカナで書く

学歴・職歴

・1行目の真ん中に「学歴」と書き、2行目から書く
・中学の卒業年月から書く
・大学は学部・学科も書く

・学歴の次の行の真ん中に「職歴」と書く
・(株)ではなく、株式会社と書く
・退職年月の行には「一身上の都合のため退社」と書く
・会社が倒産の場合は「会社都合のため」と書く
・アルバイト職歴は書く必要なし
・ただし、アピールになると思われる時は書いても良い

 

<履歴書右側の書き方>

記入欄

書き方

免許・資格

・取得している免許・資格は全て書く
・「○○免許」取得の為勉強中と書いても良い

特技・趣味

・特技については、どのくらいの期間続けていて、どんな
 成果があったか具体的に書く
・趣味についても、具体的な内容とそれがどの様に仕事
 に生かされるのか具体的に書く

志望動機

ここが、一番大事な記入欄。
各ケースごとに、紹介します

本人希望記入欄

自分の希望する、職種、勤務時間や勤務地を書く

 

<履歴書を書く時の注意事項>

  • 黒のボールペンを使い、自筆で丁寧に書く
  • 間違えた時は、一から書き直す。修正ペンは使ってはいけない
  • 年月日は和暦を使い、昭和・平成を明確に書く
  • 略字を使わず、楷書で書く
  • 履歴書をコピーして使ってはいけない
  • 昔の履歴書を使いまわさない

 

 

飲食業界の履歴書のテンプレート

 

飲食業界のアルバイト時の履歴書「志望動機」欄は、次のようなポイントに注意して記入しましょう。

記入欄

どのようにアピールするか

志望動機

<お店に、客として入店したことがある場合>
 ・その時に感じた魅力や印象などを交えてアピールする

<経験の浅い人>
 ・志望したきっかけ
 ・何ができると考えているのかなどを
 自分の言葉で書くことで、意欲や積極性をアピールする

<他店での経験がある人>
 ・何店位に勤めたのか
 ・その時の誇れる成果
 ・志望したきっかけ
 ・獲得した自慢のスキル
 ・そのスキルをどのようにいかそうとしているのか
 などを書き、お店への貢献ができる即戦力であることをア
 ピールする

 

 

アパレル業界の履歴書のテンプレート

 

次に、アパレル業界でのアルバイト履歴書「志望動機」欄に書くべき項目です。

記入欄

どのようにアピールするか

志望動機

<お店に、客として入店したことがある場合>
 ・お店に陳列されているファッション商品への感想
 ・その時に感じた、接客や雰囲気などの魅力や印象
 を交えてアピールする

<経験の浅い人>
 ・ファッションへの思い
 ・志望したきっかけ
 ・何ができると考えているのか
 ・何を目指したいのか
などを自分の言葉で書くことで、意欲や積極性をアピールする

<他店での経験がある人>
 ・ファッションへの思い
 ・何店位に勤めたのか
 ・その時の誇れる成果
 ・このお店を志望したきっかけ
 ・獲得した自慢のスキル
 ・そのスキルをどのようにいかそうとしているのか
などを書き、お店への貢献ができる即戦力であることをアピールする

 

 

インターンの履歴書のテンプレート

 

インターンシップに参加したい時の、履歴書「志望動機」です。

記入欄

どのようにアピールするか

志望動機

<志望先企業に興味を持ったきっかけ>
・自分の学んでいることがこの企業で活かせるとの思い
・企業が扱う商品やサービスなどに対して注目している点
・職場訪問をしている場合は、その印象などを書くことで、自分の思いをアピールする

<志望先企業について感じたこと>
・競合他社との比較分析を行い、自分なりの志望先企業の優位点
・志望先企業の戦略・方針などと自分の思いの接点などを整理、記入することで自分の能力をアピールする

<ここでインターンを経験したいという思い>
・志望先企業で、何を学び取りたいのか

・それは、自分の経験上どのように役に立つのかなどを書き、自分の熱い思いをアピールする

 

 

IT業界の履歴書のテンプレート

 

IT業界でのアルバイトの場合の履歴書「志望動機」欄の書き方です。

記入欄

どのようにアピールするか

志望動機

<志望先企業に興味を持ったきっかけ>
・企業が扱うIT技術やサービスなどに対して注目している点
・職場訪問をしている場合は、その印象などを書くことで、自分の思いをアピールする

<志望先企業について感じたこと>
・競合他社との比較分析を行い、自分なりに結論づけた志望先企業の優位点

・志望先企業の戦略・方針などと自分の思いの接点などを整理、記入することで自分の能力をアピールする

<ここでアルバイトをしたいという思い>
・自分は具体的にどのようなスキル、経験などを持っているのか
・志望先企業で、どの様に役立てると考えているのかなどを書き、即戦力であることをアピールする

 

 

自動車業界の履歴書のテンプレート

 

自動車業界のアルバイト履歴書「志望動機」です。工場でのバイトを想定しています。

記入欄

どのようにアピールするか

志望動機

<志望した理由>
・素直に志望理由を書く
ただし「○○のために・・・」などのその企業でバイトをする目的を書き添えることで、自分の思いをアピールする

<車が好きなこと>
・競合他社との車の比較をして、自分なりに結論づけた志望先企業の車の優位点
・志望先企業のどの車がすきなのか
 などを整理、記入する

<体力には自信があること>
・スポーツをしているのであれば、具体的なスポーツ名と頻度
・事例を上げて体力面では不安がないことを書き、体力面では問題無いことをアピールする

 

 

どの業界にも言える!アルバイトの履歴書を書く前に気をつけるべきこと

アルバイトの履歴書を書く前に気をつけるべきこと

 

項目

良い書き方

悪い書き方

履歴書をスッキリ見せる書き方

・書き始めの位置を揃える
・1行に色々なものを入れて、長くしない

・書き始めがバラバラになっている
・1行に、複数の事柄を入れようとしている

名称の書き方

・正式名称をかならず使う
  株式会社を、(株)などと略さない

・愛称などで名称が記載されている
・株式会社を(株)と略している

使う筆記用具

・黒のボールペンを使う
 油性マジックも可

・鉛筆を使っている
・シャープペンシルを使っている

志望動機の書き方

・なぜ応募したのか具体的に書く
・自分の得意な部分を紹介する
 体力に自信がある、細かい作業が得意 なので、など本音を書く

・未経験だけども、この業種に興味を持っていて、仕事をしてみたいと思ったなどの理由は有効ですが、ありきたりとみなされやすい

自己PRの書き方

・やる気がある、根気強い、粘り強いなどをさり気なく入れておく
・どの時間帯でも仕事に集中できる、というような表現も良い

・バイト先には関係ない事柄をPRしている

希望欄の書き方

・マイカー通勤希望などと具体的に書く

・空欄

保有資格欄の書き方

・運転免許を含めて、保有している資格は全て書く
・バイト先に関係する資格は必ず書く

・空欄

趣味特技欄の書き方

・バイト先に関係する、趣味特技をアピールする
・あるいは、趣味特技をバイト先に関係づけて書く

・単に、自分の趣味特技を書いているだけ

全体の注意

・誤字、脱字が無いこと
・間違えたら、修正せずに書き直すこと
・できれば、手書きで書く

・誤字、脱字が多い
・修正している

 

★バイトの履歴書はすっきり見せる!

アルバイトの履歴書を書く前に注意したいのは、スッキリ見せる方法を考えてください。

すっきり見やすく書いておくと、読みやすくて見ている側としてもいいものとして判断できます。

書き始めの位置を同じものにするとか、1行に色々なものを入れないようにするなど、見やすくする表現を行ってください。バラバラに書かれている履歴書よりも、同じ位置からスタートしている履歴書のほうが、バイトと言っても見やすく感じられるでしょう。

★バイトの履歴書は必ず正式名称で記載

次に考えたいのが、正式名称を活用することです。正式名称を使わないことには、相手の企業さんに失礼となりますし、この人は正式名称がわかっていないのではと思ってしまいます。全ての記述については、正式名称で記載するようにしてください。これもマナーの上では大事です。

★バイトの履歴書はボールペンでしっかりと記載!!!

ボールペンで履歴書を記載するのが一般的ですが、油性マジックで書いても構いません。

鉛筆はマナー面では大きな問題ですので、シャープペンシルを含めて活用しないでください。

嘘の記述もいけません。

調査すればわかることですから、経歴などに嘘を書かないようにしてください。本当のことを書くのが最低限のマナーです。

 

パソコンで記述している方も多くなっていますが、バイト先はあまりパソコンを使わない仕事が多いので、手で記述することを中心に考えてください。

★履歴書の誤字脱字は絶対NG!!!

履歴書記載の絶対に駄目なものとしては、誤字脱字が多すぎることです。

誤字脱字は絶対にしてはいけないもので、確かめることができないと思われてしまいます。

絶対にやめましょう。

 

 

 

<全業界対応!>書くことがない!バイトの履歴書の志望動機/自己PRはどうすれば?

未経験だけども、この業種に興味を持っていて、仕事をしてみたいと思ったなどの理由は有効ですが、ありきたりと判断されてしまいます。

ここでは、なぜこのバイトに応募したのかを、志望動機に入れましょう。

力に自信があるから応募したとか、細かい作業が得意で仕事をしやすいと感じたなど、本音を書いておくことが望ましいです。

ありきたりの文章よりも、自分の得意な部分を紹介しながら、応募していく理由を書いたほうが有利です。

 

更に、この仕事ができるというアピールを行います。今までの経験から、こうした仕事をスムーズにできるなどと記述して、仕事に入りやすいかもしれないと思わせるような志望動機を書いてください。

 

当然やる気があることをアピールして、根気強いとか、粘り強く作業ができることを自己PRとして入れておきます。長く仕事をしてくれるようなイメージだったり、どの時間帯でも仕事を常にできる集中力があるような文章としていくことが、履歴書を良いように見せられる工夫となります。

 

最後まで気を抜いてはダメ!

 

大事なところをしっかり書いて、ようやく終りと思ったら、最後の最後で墓穴を掘るようなパターンもあります。

最後まで油断しないで記載するようにしてください

希望欄という部分が、履歴書によっては準備されています。ここには要求したいことを書くのですが、車での通勤を望んでいるなら、マイカー通勤を希望しますなどと書いてください。書いていないことで、車で通勤しないのかと言われ、面接で戸惑うことも多くなります。

 

資格についても、抜けていないことを確認してください。運転免許だって立派な資格となりますので、しっかり入れておきましょう。アルバイト先が望んでいる資格については、絶対に記入してください。

 

趣味特技は、自分が得意としているところをベースに考えて、なるべくアピールできるポイントを付けるようにしてください。ただ趣味特技が書かれているより、追加でアピールできるポイントが多くなっていると良いものに仕上がります。

 

 

面接時によく聞かれるバイトの質問と答えのテンプレート

ここからは、ほとんどの面接で聞かれるであろう、代表的な質問と、その答えのポイントについて、解説していきたいと思います。

 

面接時によく聞かれるバイトの質問と答のテンプレート

回答例

NGな回答例

Q1.こちらのアルバイトに応募された動機を教えて下さい?

質問の目的:本人にやる気があるかどうかの確認

自分の意志をしっかりと伝え、やる気を感じて貰うこと

 例1.とにかくお金を稼ぎたい

 例2.接客スキルを身に着けて将来に役立てたい

「御社の・・・にひかれまして」などの綺麗事を答える

Q2.週に何回くらい入れますか?

質問の目的:確認レベル

無理をして答える必要はない。シフト上可能な出勤日を答えれば良い

できもしない日数を答える

Q3.家から何分くらいかかりますか?

質問の目的:確認レベル

正直に答える

うそをつく

Q4.自分の長所短所は?

質問の目的:自己分析ができていて、短所を改善しようとしているかの確認

事前に、回答を準備して明確に答える

無言

Q5.前のアルバイトはなぜ辞めたのですか?

質問の目的:安易な理由で辞めることがないかの確認

シフトの都合が合わなかったため

学校や家庭の事情で・・・

 などの言い訳を用意しておく

仕事が嫌になった

Q6.趣味は?

質問の目的:自分なりの考えや趣味思考を持っているかどうかの確認

取り繕わず、正直に答える

できもしない格好の良いことを答える

Q7.何か得意な仕事や自慢できることはありますか?

質問の目的:仲間と楽しくやっていける協調性を持っているかの確認

「料理が得意です」などの身近な話題を用意しておく

できもしない格好良いことを答える

Q8.時給について「この条件で大丈夫ですか?」

質問の目的:確認レベル

満足である事を答える

逆に、支払いの時期や手当などについて確認する

実は不満なのに、満足と答える

Q9.いつから来られますか?

質問の目的:確認レベル

無理のない範囲で仕事を開始できる日を答える

無理をした日を答える

Q10.他に質問は?

質問の目的:確認レベル

やる気を見せるチャンス

「ご縁があって採用されたとしたら、初出勤までにやっておくべき事はありますか?」と質問する

無言

 

 

バイトの質問で合否が決まることってあるの?

バイトの質問は、その質問に対する回答内容というよりは、自分なりの意見を持っているか?とか、コミュニケーションをしっかりとれるか?という事が問われます。したがって、面接で落とされるとすれば、答えた内容で落ちるというよりは、答える態度や答え方、そして自分の意志を持たずに、熱意が感じられない場合などが理由である事がほとんどです。

 

したがって、どんな質問であっても、自分の意志をしっかりもって、大きな声で返答できるように準備しておきましょう。

 

バイトの面接時にあまり聞かれないけどこの答えは用意しておくべき!

中にはこんな突拍子のない質問もされる事があります。

 

バイトの面接時にあまり聞かれないけどこの答えは用意しておくべき!

 

 

 

回答例

NGの回答例

Q1.彼女(彼氏)はいるの?

質問の目的:興味本位

ご想像におまかせします

バイトの面接に関係ないと思います

Q2.この面接落ちたらどうするの?

質問の目的:特に意図は無い

落ちたら落ちたで、次を考えます

無言

Q3.他社の面接も受けてるの?良かったら会社名も教えて!

質問の目的:どこを受けているかの確認

会社名は控えさせて下さい

(実際に)・・・社です、と答えること

Q4.特技を疲労して下さい

質問の目的:特に意図は無い

一般職であれば、披露する必要はない

特になし

Q5.血液型は?

質問の目的:興味本位

・  正直に、血液型を答える

・  抵抗がある場合は「血液型で正確は語れませんので!」と、受け流す。

無言

 

 

バイトの質問NG集

最後に、バイトの質問の答えでやってはいけないNG集についても、いくつかご紹介します。

 

1.とにかく黙る

質問に困ったとしても、黙ってはいけません。質問の意味がわからなければ、逆に「すいませんが質問の意図を教えていただけますか?」と、質問返しをするくらいでちょうどいいと思います。

 

2.だらしない姿勢で座る

面接の態度のお話になりますが、背筋を伸ばさずにダラダラ座るのはおすすめできません。印象も悪くなるので、背筋を伸ばして姿勢良く座ってください。

 

3.履歴書の字が汚い

基本的には履歴書に書かれている内容をもとに、質問が行われます。したがって、綺麗な字を書く必要はありませんが、丁寧に読みやすい字で履歴書は書くようにしましょう。

 

 

アルバイトの面接に採用されるためには・・・<パート面接編>

仕事のブランクがある場合、ブランク期間は何をしていたのか。
なぜブランクになったのかは聞かれる事が多いようです。
特になにもしていません。とか職場の雰囲気が嫌だった等の消極的かつ以前勤めていた会社の悪評と聞こえるような回答は避けた方がよいでしょう。
出産で仕事を辞める前までは事務の仕事をしており、最近では子供の学校で役員をしていました。などの回答をする事でブランクになった理由とブランク期間で何をしていたかがわかり、消極的な印象は与えないですよね!
回答を事前に準備する事はすごく大切ですが、回答をあまり細かく決めすぎたり、
全部を覚えようとすると大変ですし、質問された内容が異なっていた時に慌ててしまったりするものです。
大事な事は質問に対しても回答を大まかに決めて事前に準備しておくこと。
また、キャリアやスキルより、その人の性格や仕事への意欲をみている事もありますので自分の趣味や得意な事を話すのも好印象につながると思いますよ。

 

<パートへの難題!>「週に何日可能で、何時間働けますか?」と聞かれたらどう答える?

飲食業等、シフトを組み営業しているような業種にとって働き方は非常に大切です。

そのため、色んな情報を収集してどのようなシフトへ働けるかを検討するようです。

  • 「子供が学校に行ってる時間や幼稚園(保育園)に行ってる時間は働きたいので●時~●時勤務が希望です。」
  • 「また●曜日なら●時間以上働く事も可能です。」

と希望を伝えつつ、働きたいという前向きな意欲が伝わるようする事も重要でしょう。


「●時~●時以外の勤務は絶対に働けない。」

と限定した回答は自身の都合しか考えていないため、シフト組みも限定されこれから働いていく上で、●時~●時限定のシフト組みをできる確約は難しいので、自分の負担にならない程度のシフトは柔軟に対応できるという答え方の方が好印象となります。

 

募集しているシフトを把握し、なおかつ柔軟な対応とする働き方がよいでしょう。

大事な事は自分の都合はあれど、~はできません。や~しかできません。

~はダメです。

というような否定的な回答、言葉とならないよう注意が必要です。

 

<パートへの難題!>「お子さんが急に熱を出された時などどう対処しますか?」と聞かれたら?

パートさんが多い職場では、ある程度の急なお休みは想定しているでしょう。

でも、想定していても急なお休みはない。

もしくは少ない方が安心して仕事を任せる事ができるのも確かです。

お子様がいる方やお子様からまだ手が離れない方であれば、預かってくれる人はいないので、急に休む事もあると思います。

正直に答えるのは避けた方がよいでしょう。

また、ご両親やママ友達等、確実に手伝ってくれる方がいる環境であれば安心ですが、日常的に手伝ってもらう事も難しい場合、確実に手伝ってくれる人がいなくても、やむを得ず、休む事がある事を伝え、ご両親やママ友達等、預け先はある程度確保している事を伝え、頼れる人がいる事を伝える事が重要です。

  • 「そのとき考えます。」
  • 「たぶん休む事はないので大丈夫です。」

あいまいな答え方も避けた方がよいでしょう。
また、やむを得ず休んでしまった場合、他休日を出勤にあて調整する事が可能である事を伝えると仕事に対する責任感の強さも伝わる好印象となります。

 

これであなたも憧れの職業に一歩前進

 志望動機や面接の内容によって、イメージは変わってしまいます。

志望動機などは特に重要となる部分ですから、今までの経験を基にして書くようにして、アピールポイントを増やすようにしましょう。

自分なりに良いところを多く書くようにするのは良いですが、誤字脱字などの初歩的なミスや、抜けてしまっている資格などが無いように、気を抜かずにしっかりと書いていきましょう。

面接に関しては、正直に語るのも大事ですが語りすぎずボロを出さないように気を付けましょう!

これであなたのアルバイト生活もスタートです。

 

当ブログには管理者の他、各アルバイト経験者の方が多数参加して、嘘の無い実体験をお届けしています。