アルバイト経験豊富!合格率○○%の先輩から学ぶ履歴書の書き方~準備から提出まで~


バイトの履歴書って、意外と大変ですよね。

実際に作ってみるとわかりやすいのですが、どのように表現して納得してもらったほうがいいのか、そして仕事をしたい意欲を見せられるのかは大事になっているんです。

これからバイトを考えている方には、どの部分に注意して考えていけばいいのか、しっかりと考えておきましょう。特に気をつけるべき部分をこれから紹介します。

 

これだけはおさえておきたい履歴書を書く前に気をつけるべきこと

 

履歴書を書く前に注意したいのは、スッキリ見せる方法を考えてください。

すっきり見やすく書いておくと、読みやすくて見ている側としてもいいものとして判断できます。

書き始めの位置を同じものにするとか、1行に色々なものを入れないようにするなど、見やすくする表現を行ってください。バラバラに書かれている履歴書よりも、同じ位置からスタートしている履歴書のほうが、バイトと言っても見やすく感じられるでしょう。

次に考えたいのが、正式名称を活用することです。正式名称を使わないことには、相手の企業さんに失礼となりますし、この人は正式名称がわかっていないのではと思ってしまいます。全ての記述については、正式名称で記載するようにしてください。これもマナーの上では大事です。

 

駄目なものとしては、誤字脱字が多すぎることです。

誤字脱字は絶対にしてはいけないもので、確かめることができないと思われてしまいます。

絶対にやめましょう。

鉛筆で書いているものも駄目です。

ボールペンを採用するのが一般的ですが、油性マジックで書いても構いません。

鉛筆はマナー面では大きな問題ですので、シャープペンシルを含めて活用しないでください。

嘘の記述もいけません。

調査すればわかることですから、経歴などに嘘を書かないようにしてください。本当のことを書くのが最低限のマナーです。

 

パソコンで記述している方も多くなっていますが、バイト先はあまりパソコンを使わない仕事が多いので、手で記述することを中心に考えてください。

 

記入開始~基本情報~

 

まずは個人情報を書いていくことになります。自分の名前と住所、年齢などを正しく入力してください。誤字脱字を行わないようにして、住所地も正式名称を採用してください。番地は○番○号などの表記が望ましいです。

次に経歴を書いていくこととなります。どのような経歴を持っているのか、学校から記載することになります。年号については統一するようにして、バラバラにならないようにします。ここでも正式名称を使って、学校名や仕事先を記述してください。

 

バイトについては、経歴に該当しないと判断される場合もありますが、バイトの履歴書であれば書いても構いません。書き方としては、アルバイトであることをわかってもらうため、アルバイト契約などの記述を行ってください。書かないと正社員扱いとなり、嘘をついていることになります。

 

志望動機/自己PRの書き方 <経験が豊富な場合>

 

大事な部分として、志望動機と自己PRをしっかり書くことが求められています。

経験を豊富に持っている方は、経験していることをアピールしてください。同じ仕事を行っていることを全面に出して、経験しているなら仕事にすぐ入ってもらえるだろうと思わせることが大事です。

アルバイトは、長く指導を行っていくことも難しい仕事ですから、短期間で仕事に入ってくれる人の方がいいとされています。

経験を持っていることを全面に出しつつ、その上でやる気を持っていることのアピールをします。経験していることは、なるべく自己PRに詳しく記載することが望ましいです。

 

経験を持っている人の場合は、同じ業種で活動したいというアピールをしたいと感じさせて、アルバイトを採用したい企業へのイメージアップを行います。経験豊富なことがわかっているようなら、企業としても採用する基準が生まれるので、面接でも有利に進められるでしょう。


志望動機/自己PRの書き方 <経験が少ない場合>

一方で、経験を持っていない方にとっては厳しいものになります。

未経験だけども、この業種に興味を持っていて、仕事をしてみたいと思ったなどの理由は有効ですが、ありきたりと判断されてしまいます。

ここでは、なぜ仕事をしたいと思ったのか、志望動機に入れましょう。力に自信があるから志望したとか、細かい作業が得意で仕事をしやすいと感じたなど、本音を書いておくことが望ましいです。ありきたりの文章よりも、自分の得意な部分を紹介しながら、志望していく理由を書いたほうが有利です。

 

更に、この仕事ができるというアピールを行います。今までの経験から、こうした仕事をスムーズにできるなどと記述して、仕事に入りやすいかもしれないと思わせるような志望動機を書いてください。

 

当然やる気があることをアピールして、根気強いとか、粘り強く作業ができることを自己PRとして入れておきます。長く仕事をしてくれるようなイメージだったり、どの時間帯でも仕事を常にできる集中力があるような文章としていくことが、履歴書を良いように見せられる工夫となります。

 

最後まで気を抜いてはダメ!

 

大事なところをしっかり書いて、ようやく終りと思ったら、最後の最後で墓穴を掘るようなパターンもあります。

最後まで油断しないで記載するようにしてください

希望欄という部分が、履歴書によっては準備されています。ここには要求したいことを書くのですが、車での通勤を望んでいるなら、マイカー通勤を希望しますなどと書いてください。書いていないことで、車で通勤しないのかと言われ、面接で戸惑うことも多くなります。

 

資格についても、抜けていないことを確認してください。運転免許だって立派な資格となりますので、しっかり入れておきましょう。アルバイト先が望んでいる資格については、絶対に記入してください。書かれていないと書類の時点で落とされてしまいます。

 

趣味特技は、自分が得意としているところをベースに考えて、なるべくアピールできるポイントを付けるようにしてください。ただ趣味特技が書かれているより、追加でアピールできるポイントが多くなっていると良いものに仕上がります。

 

これであなたも憧れの職業に一歩前進

 

記述する内容によって、意外とイメージは変わってしまいます。

志望動機などは特に重要となる部分ですから、今までの経験を基にして書くようにして、アピールポイントを増やすようにしましょう。

自分なりに良いところを多く書くようにするのは良いですが、誤字脱字などの初歩的なミスや、抜けてしまっている資格などが無いように、気を抜かずにしっかりと書いていきましょう。

当ブログには管理者の他、各アルバイト経験者の方が多数参加して、嘘の無い実体験をお届けしています。