初心者でも安心!夜間のアルバイトならここがおすすめ!

夜のバイトって、少し怖いイメージがありませんか。実際に夜の仕事は体にも影響が強そうですし、怖い人が来るんじゃないかと思ってしまうかもしれません。でも給料的には高いところが多いので、稼ぎたい方にはとてもいいバイトですよ。

これから夜のバイトを考えている方も、不安に思っているところを解消してから行いたいものですね。夜のバイトの不安や、抑えておきたいポイントについてまとめてみました。

 

夜間アルバイトの特徴<メリット>

夜にバイトを行うメリットとしては、時給を高くできる良さを持っていることです。夜のバイトとなると、深夜の時間帯に仕事をします。深夜の時給は高くする必要がありますので、普通のバイトと同じことを行っても、稼げるようになります。時給が高くなっていることで、これから多くのお金を稼ぎたいと思っている方には向いています。

次に、あまり人が来ない可能性もあり、余裕を持つことが可能となります。これは接客業の仕事に該当するメリットですが、深夜になるとあまり人が来なくなり、空いている時間も増えてきます。掃除をするなどの簡単な仕事を行ったり、整理をするなどの時間によって、あまり忙しさを感じません。体力を多く使う仕事でも、余裕を持って仕事ができるでしょう。

 

夜の仕事は、スタッフの数も少ないからこそ、これまで話をしたことのないスタッフとも友好関係を築きやすく、これからバイトでいい関係を持ちたい方にもいい方法でしょう。

 

夜間アルバイトの特徴<デメリット>

夜のバイトは良いことばかりではなく、悪いところもあります。夜の仕事は生活リズムを崩しやすくなってしまい、睡眠時間をいいタイミングで取れません。夜のバイトをしている女性は、肌荒れなどの問題が起こりやすくなり、見た目を気にしている方にはあまりいいと感じないかもしれません。体調不良も起こりやすい傾向があります。

他には、深夜にトラブルが起こった時、対処してくれる人が多くないことです。上司の方に相談したいと思っても、仕事にいる人が2人しかいないなどの問題から、相談したくてもできないような時間も生まれます。トラブルが起きた時の対処法については、事前に相談しておく必要があるでしょう。

 

時間が思ったほど過ぎていないと思うのも、夜のバイトのデメリットです。時計を見てもあまり時間が過ぎていないような気持ちを持ちやすく、昼に比べると時間の動き方がゆっくりだと感じやすいのです。

 

*これだけは抑えたい注意点*

夜のバイトは、18歳未満は仕事ができません。18歳を超えていたとしても、高校生はNGとなっているケースが多いです。18歳を超えていることの照明を出さない限り、行えないと思ってください。身分証明を出すことは当然ですし、働ける余裕があることを説明して、バイトに取り組むようにしてください。

副業として行っていくと、睡眠時間を確保できません。長く睡眠時間を確保したいと思っているなら、夜のバイトは向いていません。日中に仕事をして、夜にバイトをしているなんて生活をしていると、体が持たなくなってきます。夜のバイトは、本業として仕事をしていくことも考えてください。

 

後は、寝ることのできる時間を確保しているバイトもあります。この場合は拘束時間が長くなっている点に気をつけてください。求人を見た時、休憩時間がかなり長くなっているなら、寝ることのできる時間が確保されています。その代わり、寝ている時間は仕事の時間に入らないので、半日くらい仕事場で拘束される可能性もあると思ってください。

 

おすすめの夜間バイト!!<初心者編>

夜のバイトの定番とされているのはコンビニです。24時間営業をしているコンビニが多くなっている中、深夜を中心としてバイトをする時間が確保されます。深夜は仕事をするスタッフが少ないとされ、希望している人が通りやすくなります。コンビニの場合は、あまり人が来ない時間帯ですから、余裕を持ってバイトができるかもしれません。

資格を持っている人に限った話ですが、ガソリンスタンドもいい方法です。セルフのガソリンスタンドは、24時間営業をしていることもあり、深夜に監視をするスタッフを募集しています。給料も日中よりも高く、深夜はあまり頻繁に呼び出されることもありませんから、安心して仕事ができます。

 

夜を中心としている居酒屋も、バイトとしてはいい方法です。こちらは結構遅い時間まで開けている可能性もありますが、短時間のバイトで終わる可能性もあり、短時間で多く稼ぎたい方におすすめです。

 

おすすめの夜間バイト!!<もっと稼ぎたい!上級者編>

夜のバイトで多く稼ぎたいと思っている場合には、オフィスワークの仕事があります。深夜になったらオフィスに入って、必要とされている作業をしっかりこなしていきます。ノルマが設定されているので、ノルマを超えないと契約を着られますが、普通のバイトよりも給料が高額になっています。

コールセンターも、24時間体制で行っている傾向があります。深夜のコールセンターは、給料がかなり高い傾向で、女性の方に人気です。特にテレビショッピングのコールセンターの給料が高く、仕事も多く入ってきます。

工場のバイトも、交代制であれば夜に行っています。工場のバイトは、元々給料の高いところが更に給料を上げてくれて、作業をこなしていくとどんどん給料が増えていきます。体力仕事となりますので、深夜でも集中して作業を行えるかが重要になってきます。

 

普通の仕事が深夜に変わっただけで、相当稼げる可能性もあるので、夜のバイトが出ているならチェックしておきましょう。

 

まとめ

夜のバイトをしたいと思っている方は、とにかく給料を増やすという部分で考えましょう。ただ、体の問題が起こりやすいので、体調不良を感じないように、生活リズムを調整するなどして対応してください。

バイト先によって、辛いと思う仕事も多くあるでしょう。ノルマが課せられている夜のバイトもあるくらいで、結構大変なところもあります。それでも稼ぎたいと思っている方には、夜のバイトが有効なのです。

当ブログには管理者の他、各アルバイト経験者の方が多数参加して、嘘の無い実体験をお届けしています。