早朝のバイトで効率良くお金を稼ごう!

早朝のみでバイトを考える人が多くなっています。

通常の仕事を持っている人が掛け持ちでバイトをしたい場合や、一般の主婦が子供を旦那さんに見てもらえる時間ということで、早朝のバイトを探す場合もあります。

どちらにしても、早朝のバイトはその時間帯による好条件の時給であることが大きなメリットとなっています。

では、早朝のバイトについて、考えていきましょう。

 

早朝のみで頑張れる新聞配達のバイトはきつい?

新聞配達の仕事は大体、朝3時半過ぎから始まります。各新聞販売店に朝刊が届くのが朝3時くらいなので、それを待ってまずは折込チラシを差し入れていきます。

この作業は新聞配達をする人が自分で入れる場合もありますし、販売店によっては担当者がいて、自転車やバイクにセットするところまでしてくれる場合もあります。

なので、契約によって、出勤時間がそれぞれ異なりますが、ほとんどの人は3時半くらいに出社するようですね。

担当エリアや配達部数によっても違いますが、大体配達にかかる時間は2時間くらいが多いようです。

早朝2時間ほどのバイトですが、大手の朝日新聞や読売新聞は月に25日勤務で約8万から9万のバイト代になります。

新聞配達は休みが少ないと思われがちですが、現在はほとんどの新聞販売店が週に1日から2日を休みにしています。新聞休刊日だけではないんですね。

人数を確保してひとりずつ週に1日か2日の定休日を作っているのです。

バイクで配達をする人と自転車で配達をする人がいますが、自転車の人にはマンションをエリアにするなど、販売店のオーナーによって配慮してくれますので、体が慣れてしまえばそれほどきついバイトではないと言われています。

その証拠に一度始めたら、長く続ける人が多いのです。

 

コンビニの早朝バイトは忙しいの?

コンビニの早朝のバイトは朝6時から9時までの3時間が多いですね。

出勤時間、登校時間に集中するため、住宅地にあるコンビニでもかなり忙しい時間帯となります。

しかし、もちろんそれなりの対策が立てられており、通常の住宅地の中のコンビニでは2人体制、また駅前では3人体制などその時間帯は人員を確保しています。

そして、早朝の時間帯は夕方などと比べて、買い物自体は少量の人が多いので、十分に回していけるのです。

早朝のコンビニの仕事は、レジを中心に入荷するお弁当やパンなどの検品と品出しが主な作業となります。

日中で行われる清掃や発注などは早朝は担当しないので、レジに集中するだけで良いので、むしろ楽な業務と言えるかもしれません。

コンビニの早朝の時間帯は、日中よりも時給が高く設定されているので、朝3時間だけを効率良くバイトしたい人には最適ですね。

新聞配達ほど稼ぐことはできませんが、バイトとしては楽にお金を稼げるのがコンビニの早朝でしょう。

 

スーパーの開店前作業のバイトを経験する

スーパーは朝10時開店が多いですよね。

その開店前には、多くの人々の手によって開店準備が行われています。

たとえば、青果コーナーでは野菜や果物の陳列が早朝の7時くらいから始まります。

その開店準備のみを担当するバイトがあります。

スーパーではチラシを入れますので、その日によって売り場の陳列が大きく変化するものです。

早朝の陳列のバイトは、市場からトラックで運ばれてくる商品を指示されたレイアウトに沿って陳列していきます。

野菜の種類や果物の種類によって、陳列方法が決まっており、いかに早く美しく並べるかが勝負になります。

慣れてくると楽しい仕事だと評判は良いですね。

開店と同時にバイトが終わり、開店直後に買い物をして帰れるのも大きなメリットかもしれません。スーパーの規模にもよりますが、時給は平均して1200円くらいでしょうか?

比較的楽なバイトの割には、楽しい仕事なので人気があります。

 

早朝の清掃のバイトはシニア層に人気?

病院やスーパー、様々な施設の開業前の清掃の仕事はシニアにとても人気があります。

早朝の清掃のバイトは、接客などお客様と接することがなく、そのマニュアルも決まっているので、シニアでも自分のペースでできる仕事と言われています。

実際に担当箇所を毎日同じルートで清掃をしていくので、自分のペースで進めることができます。

また、2時間や3時間の短時間勤務なので、体にも無理なく続けることができるのでしょう。

早朝のバイトに週に3回ほど行くことで、健康維持ができているという人も多いです。

社会とつながる場所として、この仕事を生きがいとしている人もいますね。

ちょっとした時間で、自分のペースでできる仕事として、早朝の清掃のバイトに興味を持っているシニアはとても増えているのではないでしょうか?

 

早朝のバイトだからこそ思うこと

他の仕事をしている人が早朝の仕事を始めると、最初は体がなかなか慣れず、寝不足になるという人がいます。

しかし、体が慣れてくると、早朝のバイトが終わった頃にはやり遂げた達成感やすがすがしさを感じるようになるものです。

早朝の短い時間でバイトをして、生活も規則正しい生活を送れるようになったという人も多いですね。

短い時間で効率良く働いて、お金も稼ぐことができるのは早朝のバイトの大きなメリットです。

早朝に仕事を終えると、一日を長く使えるような、そんな感情にひたることもありますね。

自然と夜は早く寝るようになりますし、健康的な生活と言えるでしょう。

さて、あなたが早朝の仕事を経験するとしたら、どんな仕事を選びたいですか?

当ブログには管理者の他、各アルバイト経験者の方が多数参加して、嘘の無い実体験をお届けしています。