<学生必見!>データ入力のバイトを就活に活かせ!

学生の人気のバイトの一つに「データ入力のバイト」があります。たしかに、冷暖房の効いたオフィスで、パソコン一つで時給がもらえる訳ですから、人気があるのも理解できます。また、データ入力のバイトの魅力は「体力的に楽」というだけではありません。時給も比較的高く、また将来のスキルアップの為にも、非常に役に立つアルバイトです。

 

今回の記事では、そんなデータ入力のバイトの仕事内容や、またそのバイトが将来の就活で、どのように役立つのか…という点に至るまで、いくつかの視点で記事をお届けしたいと思います。

 

データ入力のバイトってどんなことやるの?

まずは、気になるデータ入力のバイトの仕事内容からです。

最も気になるのは、「どんな事を入力するのか?」という点だと思いますが、データ入力の仕事で入力する文章やデータは、非常に多岐にわたります。ある会社は何百人・何千人という顧客データをエクセルや専用データベースに入力するように指示される場合もあります。また、別の会社では、手書きで書かれた文章をwordなどに転記する仕事を頼まれるかもしれません。

 

入力する文字としては、「数字だけの入力」と、「文字と数字の入力」に分かれますが、、もちろん数字だけの入力のほうが、時給は若干低くなります。

 

データ入力時にあると便利な能力、資格とは?

基本的に、データ入力のバイトには資格は不要です。ただ、能力的には1分間に和文が100文字~130文字程度入力できるスキルが必要です。さらに少し自分で考えながら文字を入力するような仕事だと、理想は1時間に3,000文字程度が入力できれば、プロレベルの仕事が出来ます。最低でも1時間に1,000文字が入力できるスキルは必要です。

 

データ入力には資格は不要とお伝えしましたが、それでも資格はあるに越した事はありません。データ入力におすすめの資格といえば、マイクロソフトオフィススペシャリストという資格をおすすめします。比較的受験料も安いので、是非チャレンジしてみてください。

 

また、これらデータ入力のバイトには、入力スピードの他にも要求される重要なスキルがあります。それは「ブラインドタッチ」というスキルです。ブラインドタッチとは、基本的にはキーボードを見ずに、紙面や画面を見ながらキー入力ができるスキルの事を指します。このスキルが身に付けば、どんどん入力文字数も増えてきますので、できれば習得したいスキルです。

 

データ入力のバイトは学生時代に経験すると良い?

データ入力のバイトは、将来の就職の際にも非常に役に立つと言われています。何故なら、社会人になってオフィスで働くようになれば、パソコンでの業務はメインの作業となるからです。連絡やコミュニケーションを取るのは、ほとんどメールで行われますし、プレゼンや説明資料は、ほぼパソコンで作業をして仕上げていきます。したがって、データ入力のバイトの時から、キー入力のスキルを上げておくと、新卒から社会人になったとしてもすぐにそのスキルを発揮できます。同期のライバルに差をつけるチャンスかもしれませんね。

 

新卒でスタートダッシュを切るなら必須能力はタイピング?

先ほど少しご紹介した「ブラインドタッチ」というスキルですが、どこで習得すればよいのでしょうか…?

 

パソコンの学校などに行って、スキルを習得する方法もあるかもしれませんが、正直お金や時間もかかりますよね?

 

そこで、おすすめしたいのは、無料のソフトを使って、自宅のパソコンで自主練習するという方法です。以下に参考URLを掲載しておきますが、ブラインドタッチのスキルを上げるには、このような練習ソフトを使って自主練習をするしかありません。ブラインドタッチのスキルを上げている人は、自宅で空いた時間に、本や資料などを題材にひたすらパソコンに文字を入力していくなど、自分で努力している方がほとんどです。

3日で習得タッチタイピング

TouchMethod(タッチメソッド)

 

せっかくバイトするならデータ入力をおこなおう!!!

こんな将来の為になる、データ入力のバイトですが、気になる時給はどれくらいなのでしょうか?

 

データ入力のバイトの時給は、結構ばらつきがあるのも事実ですが、おおよそ数字入力だけの場合で、時給は1,000円~1,200円前後。文字と数字の併行入力の場合で、1,400円~1,500円といった時給が設定されるケースが多いようです。ただ、これも雇用形態によって変わってきます。比較的時給が高いのは、派遣会社から派遣スタッフとして勤務した場合です。企業に直接雇用としてアルバイトで勤務するよりは、おおよそ300円~500円程度の時給に違いがありますので、応募時には注意してチェックするようにして下さい。

 

まとめ

学生のアルバイトは、塾講師・コンビニ・飲食店など、様々な職種がありますが、その中でもデータ入力のバイトは、体力的にも楽ですし、顧客対応もないのでストレスなく、気持ちよく仕事ができる事で有名です。ただし、この記事でお伝えしたように、必要なスキルがあったりするので、ある程度事前に練習や勉強をしておく事も大切かもしれません。

 

いずれにせよ、データ入力のバイトは、将来自分が社会人になった際にも非常に役に立つアルバイトです。是非比較的時間の余裕のある学生時代に、このアルバイトにチャレンジし、将来の為のスキルアップに役立てるのもいいかもしれませんね。

 

当ブログには管理者の他、各アルバイト経験者の方が多数参加して、嘘の無い実体験をお届けしています。