100均のダイソーのバイトについて全解説。応募予定者や興味がある人は必見

ダイソーは100均の老舗であり、今もなお代表的な会社ですね。

現在も次々と新店をオープンさせており、海外にまで出店を伸ばしている将来性のある会社と言えるでしょう。

そんなダイソーでバイトをしてみたいと思ったことはありませんか?

豊富な商品が常に身近で見たり触ることができ、それだけでも十分魅力的な仕事ですね。

ダイソーのバイトのメリットや会社事情などを探ってみましょう。

 

ダイソーの事業内容について

ダイソーは株式会社大創産業が正式社名です。1977年に設立され、100円均一と言う独自の手法で着実に業績を上げており、2017年現在では国内に2150店舗を構える大手の小売販売業です。

皆さんもご存知の100円均一で、雑貨から食品、文房具、衣料品に至るまで100円で買えるという画期的な商法でその名前を有名にしてきました。

今では海外にも出店が相次ぎ、その順調ぶりがわかります。

また、取扱商品も増える一方で、スーパーやコンビニで販売しているものはほとんど揃うと言われています。

そんなダイソーでは、今後も続く出店のために常に優秀な人材を求めています。

 

ダイソーが求める社員像とは?

ダイソーの仕事は、レジ接客だけでなく、商品案内や売り場づくりなどが主要となります。売場作りでは、その人のセンスや感性が多く関わってくるので、環境の変化にも迅速に対応できる力が求められます。

また、業績アップを計るための努力や改善を意識し、そのために商品知識を積んだり、様々なものに好奇心を持ち、前向きに進める人が向いていると言われています。

単なる短時間のバイトであっても、売場作りに参加したり、商品提案をすることもあるので、会社の社風を理解できる人がお勧めでしょう。

会社の商品に愛情を持ち、商品の知識を身につけ、お客様にその商品の持つメリットや用途などを説明できるくらいになりたいものです。

 

ダイソーのバイトの募集条件を見てみる

地域にもよりますが、ほとんどが他のアルバイトと比べて少し高めの時給で、860円から900円くらいからのスタートが標準です。

朝晩と夜番のシフトがあり、家庭の主婦などは朝晩、夕方からは学生のバイトが多いようですね。

シフトはお店によって異なりますが、基本的には朝晩が9時から17時、夜番が13時から21時となっています。

早朝などからの出勤ではないので、家庭の主婦でも出やすい時間ですね。

また、夜番も21時までとそれほど遅い時間帯ではないので、女子学生でも抵抗なく選ぶことができます。

アクセサリーは不可ですが、服装は下が長ズボンであればあとは自由で、店舗のエプロンだけつける形での勤務となります。

時間で作業を区切ることが多いので、腕時計は必須です。

 

ダイソーのバイトは比較的に楽だというのはほんと?

扱う商品に重いものはあまりないので、楽かと言われれば、楽な方かもしれません。

しかし、食器などの入れ替えが多いので、神経を使うことは多いですね。

また、作業中にお客様から問い合わせの質問をされることがあり、作業を中断しなければならないことも良くあります。

レジが混雑したらフォローに行くこともあり、任された作業がスムーズに終わらないこともありますね。

時間内に決められた作業を完了させるために、てきぱきと行動できる機敏性は必要とされています。

そして、接客を明るく行える社交性もあれば、楽にできるバイトと言えるかもしれません。

 

ダイソーのバイトの魅力を探ろう!

ダイソーで働くことの魅力は、何と言っても商品が豊富で見ているだけでも楽しめるということです。

新商品が入荷するたびにワクワクする人も多いのではないでしょうか?

自分でも使ってみたいと思われる様々な商品を手に取り、売場を作っていく楽しさは実際に経験すると実感するでしょう。

売場作りには、細かい商品をより綺麗に並べていくことが大切な要素となるので、その人の感性が大きく影響します。

バイトとして売り場づくりをする際には、売り場責任者から指示が出されることがほとんどですが、慣れてくるに従って、少しずつ担当範囲を任されることもあります。

自分なりに売り場を作っていくことがとても楽しいと多くの人が感じています。

また、ダイソーは働く時間も早朝や深夜がないので、家庭の主婦や女子学生にも安心して働ける場所でもあります。

バイト経験を積んでいくと、商品の発注なども任されるようになり、モチベーションも上がりますね。

レジ業務も常連のお客様と顔見知りになって、声をかけてもらったり、楽しい会話ができるようになるなど、余裕を持ったバイト経験ができるので、初めてのバイトにもお勧めです。

 

ダイソーでバイトをするのに心がけておきたいこと

ダイソーは女性が多い職場です。

そんな中で効率良く仕事を進めていくためには、チームワークがとても大切になってきます。

シフトの交替や時間の延長などを頼まれることもあるかもしれません。

売場作りでもスタッフ同士のコミュニケーションで方針が決まり、作業が進められていきます。

ダイソーでバイトをするにあたって、まずは人間関係を構築することが大切です。

しっかりとした信頼関係が築ければ、仕事中で困ったことや悩んだことなどを先輩スタッフに相談することができます。

楽しく仕事を続ける上で、人間関係の構築は必須なのです。

当ブログには管理者の他、各アルバイト経験者の方が多数参加して、嘘の無い実体験をお届けしています。