ブライダルのバイトって何を行うの?面接などの対策もチェック!

 

f:id:pasem:20171010105937j:plain

ブライダルのバイトに興味を持っていませんか。結婚式などの仕事は、バイトでも行えるようになりますので、狙って見る価値は十分にありますよ。ただ、行える仕事は限定されていますので、ブライダルに関わる全ての仕事ができるわけではありません。

興味を持っている方は、どのような仕事ができるかチェックしておきましょう。そしてバイトの仕事を行いたいなら、面接などの対策も考えておかないといけません。

 

ブライダルのバイトで行える仕事は?

 

ブライダルのバイトで行える仕事ですが、配膳の仕事ができます。結婚式の際に、料理を持っていくなどの仕事は、バイトの人が担当しています。カメラマンなどの仕事は、式場のスタッフが対応していることも多いので、バイトができるのはごく限られた仕事だと思ってください。

配膳の場合は、食事中の手伝いをしていく程度となります。料理を持っていき、食べ終わった皿は戻すようにします。厨房のバイトをしている人は、皿洗いなどの仕事も行っていきます。

 

他には、受付の対応をしている場合もあります。受付の人を確保できないような状況となっている場合には、バイトの人が担当しています。照明の切り替えなども、場合によってはバイトが担当していますが、式場のスタッフが多いようなら、ブライダルのバイトには任せず正社員が担当しています。

 

ブライダルのバイトは高校生でもできるの?

 

ブライダルのバイトですが、高校生でも担当できる仕事はあるものの、大学生以上を希望している傾向にあります。高校生の場合は、仕事のできる範囲が限定されているなどの理由から、ブライダルのバイトは断られる可能性もあります。バイトの求人を見ても、高校生不可と書かれているものもあります。

お酒を扱うこともありますし、高校生ではできないような時間帯に仕事を行う場合もありますから、大学生以上の人を採用して、仕事を行ってもらいます。

高校生の場合は、簡単な配膳に限って採用する場合もあります。もし採用されるような場合には、料理を持っていく程度の仕事が中心と思ってください。

 

地域によって、採用するかどうかを分けていることも多いです。福岡は高校生も採用しているところがありますので、福岡でブライダルのバイトを検討しているなら、求人を確認するといいでしょう。

 

ブライダルのバイトは単発や短期が多い?

 

結婚式は、常に開催しているわけではありませんし、余裕のある時期もあります。式場によって異なりますが、ブライダルのバイトは短期間であることも多くなっています。結婚式が集中すると思われている時期だけ、バイトを採用していることが多くなっています。空いている時期は、式場のスタッフでも対応できると考えやすいのです。

単発のバイトも結構あります。ブライダル関連は、次の結婚式がいつ開催されるのかわからないですし、土日などに集中する傾向もあります。単発としていることで、次のバイトまで契約を行わず、新しくスタッフとして採用できるバイトを募集しながら必要な時に準備する傾向もあります。

 

バイトを考えている人は、ブライダル関連は短期間が多くなっていることを考慮して、応募するようにしてください。

 

ブライダル関連の身だしなみをチェックしよう!

 

ブライダルに関連している仕事は、とても身だしなみが大事になっています。髪型はスッキリしたもので、巻き髪などは許されません。髪色も派手なものは厳禁とされていますので、面接の際にかなり明るい色にしていると落とされます。面接の時点で、黒に戻すなどして対応しておきましょう。

面接の服装も、スーツなどを着用したほうが安心できるかもしれません。バイトだから私服でもいいだろうと思っているかもしれませんが、しっかりした服装がブライダルの現場は大事です。服装を整えることが、採用される第一歩と考えてください。

 

面接では、ブライダルの現場でしっかり活躍できるかチェックしています。髪色が明るすぎるなどの理由は、採用されない可能性を高めてしまいます。面接を受けるなら、その前に対処しなければいい結果は生まれません。

 

ブライダルのバイトってきついの?

 

楽そうに思われるブライダルのバイトですが、仕事内容にとってはきついと感じるかもしれません。常に動いているような感じになり、結婚式が終わるまでは休めません。終わったとしても、片付けをバイトが行わなければなりませんから、数時間は休憩無しで仕事を行います。きついと感じるのは、休む時間をうまく取れないところでしょう。

結婚式が開始される前から準備を行って、結婚式が終わっても片付けが待っています。式の時間はそこまで長くないものの、バイトは常に動いている形になり、数時間ごとに休憩のもらえるバイトとは違います。

きついと思っている場合は、体力をつけるなどして辛さを軽減できるよう、取り組みを進めましょう。バイトでもブライダル関連は、要求される仕事が多くなっていますから、きついと感じるなら対策も必要です。

 

まとめ

 

ブライダルのバイトは、服装や面接の内容を整えれば採用されることも多くなります。短期のバイトとして活用できますので、将来的にブライダル関連の仕事を行いたい方には、とてもいい方法でしょう。

行えることは限定されているものの、結婚式という部分を知ることができて、更にマナー面で間違いを直せるいい機会です。普通のバイトでは経験できないような要素も多いので、今後を考えてバイトの検討を行ってください。

 

当ブログには管理者の他、各アルバイト経験者の方が多数参加して、嘘の無い実体験をお届けしています。