バイトって簡単に休めないの?休みすぎたらどうなる?

 

あなたはバイトを休んだことがありますか?どんな人でも人間である以上、決まった時間に絶好調、とうわけにはいきません。体調を崩すこともあれば、急用が入ってしまうこともあるでしょう。無遅刻無欠勤なんてなかなかできることではありません。

 

バイトの役割の重要性は正社員ほど高くはありません。あくまでバイトですから、休んだら企業側はてんてこまい、なんてことにはなりません。かといって好き放題休んでいいはずがありません。

 

では、仕方なくバイトを休まなければならなくなった場合、どうしたら休ませてもらえるのか、どうしたらお互い気持ちよくいられるのか、まとめてみましたので、ぜひご一読ください。

 

 

なぜバイトを休んではいけないのか

 

そもそも、なぜバイトを休んではいけないのでしょうか?当たり前すぎて、改めて考えたことが無い人がほとんどではないでしょうか。

 

企業は自分たちの仕事量に合わせ、それに応じた数の人材を雇うわけです。バイトも大切な人材のひとつです。人材にある程度の余裕を持たせられる企業から、ギリギリどころか、いつも人手不足といった企業もあります。しかし、どんな企業で働こうと、自分が休めば周囲に迷惑が及びますよね?

 

なぜなら、バイトにはそれぞれ与えられる仕事量があるからです。人手が多ければ一人あたりの仕事量が減り、逆に人手が少なくなればなるほど、一人当たりの仕事量は増していくわけです。当然、いつもと同じ時給で働いているのに、誰かが休んだことが理由で仕事が大変になってしまったら、誰だって不満に感じてしまうのではないのでしょうか。

 

自分がむやみにバイトを休むことで、必ず誰かが迷惑を被ります。自分がされて嫌なことはしない、当然ですよね?バイトは休まないのが基本です。

 

 

どんな理由ならバイトを休める?

 

これまでバイトは休まないのが基本とお伝えしてきましたが、それでも休まなければいけない時ってありますよね?ではどんな理由があるでしょうか、見てみましょう。

 

主な理由としては

 

  • 風邪などの体調不良
  • 身内の不幸
  • 交通機関のストップ

 

などがあげられますね?

 

この中でも、バイトを休む理由として最も多いのは体調不良です。やはり人間ですから、年に1度や2度くらい、働けないほどの体調不良になることは不自然ではありません。では、体調不良になってしまう原因はどういったものがあるのでしょうか。

 

  • 風邪
  • インフルエンザ
  • 食中り
  • 頭痛
  • 生理痛
  • 吐き気

 

あげればキリがありません。これらの体調不良になってしまったら、働くことは困難です。感染するようなものであれば、無理して出勤することの方が逆に迷惑となってしまいます。

そうなったら、しっかりと休みを取り、早く治して復帰することが、一番の誠意ではないでしょうか。

 

 

バイトを休む時ってなんて言ったらいいの?

 

ここまで、バイトは基本休まない、しかし休むべき時はきちんと休む、とお伝えしてきました。しかし、いざ休まなければいけなくなると、電話するのもなんか心苦しいですよね?自ら人に迷惑をかけることを伝えなければならないのですから、誰だって電話したくはありません。

 

しかし、言い方ひとつで相手の嫌な気分を和らげることはできます。誰だって当たり前のように休むと言われたら腹が立ちますよね?では、バイトを休みたいと電話連絡する時に、相手の嫌な気分を和らげるポイントをご紹介します。

 

  • 怖いからといって躊躇せず、なるべく早く連絡する。
  • いつもより低姿勢に話し、謝罪の意を込める
  • 休まなければいけない理由を具体的に伝える
  • 店長など、なるべく偉い人に取り次いでもらう
  • 「次回はいつもより頑張ります」などリカバリーを宣言する

 

いかがですか?このように真面目に誠意を持って伝えられたら、誰だって許してしまうのではないでしょうか。間違っても「風邪で休みます」のひとことで休もうとしてはいけません。

 

 

バイトを休む時はいつまでに伝えたらいいの?

 

バイトを休むにあたって、ひとつのポイントとなるのが連絡するタイミングです。伝えるタイミングで「欠勤」のイメージになるか「シフト変更」のイメージになるかは変わってきます。

 

いくらバイトとはいえ、やはり一番まずいのは当日欠勤でしょう。しかも直前の連絡となるともう印象は最悪です。体調不良の場合は、前日から予兆があれば、勇気をもって事前に休む意思を伝えることも大切です。休む連絡は遅くなればなるほど迷惑がかかり、逆に早ければ早いほど企業からすれば対策が打てるわけです。

 

逆に数日前に言えば、そこまで嫌がられることはありません。バイト同士でシフト相談するのも良いでしょう。「シフト変更」のボーダーラインは1週間前、といったところでしょうか。

 

 

まとめ

 

ここまでいかがでしたか?バイトを休むということへの意識に、少し変化はありましたか?休まれては困るということは、バイトはお店や会社からしたら重要な存在なのです。必要とされているわけですから、むやみやたらと休むようなことはせず、一生懸命働けるよう努めましょう。ですが、どうしても休まなければならない時は、これまでお伝えしたことを参考にしてお互いが嫌な気持ちにならずに済むようにして下さいね。

当ブログには管理者の他、各アルバイト経験者の方が多数参加して、嘘の無い実体験をお届けしています。