土日のバイトで高収入を得る方法

普段は学校の授業で忙しい高校生や大学生にとって、土日のみのバイトは大切な収入源です。土日のみのバイトには、コンビニやスーパー、アパレル業など週末にお客様が多く集まるサービス業が多く募集をしています。

土日だけのバイトとして募集をしている会社にはどんな業種が多いのでしょうか?

また、その時給は高いのでしょうか?土日バイトの実態に迫ります。

土日に忙しい業種を考えてみよう!

週末の土日に忙しい業種を考えてみます。土日に集客をはかりたいスーパーやアパレル業、家電メーカーなどいわゆる小売販売店ですね。

特にスーパーでは、レジの長蛇の列を解消するべく、レジの1人体制から2人体制にして対応する店が多いです。

最近のレジは自動釣銭機になっていることがほとんどで、その操作も簡単になっていると言いますが、そのレジを操作するための知識は必要です。

そのため、スーパーでのレジ業務は覚えるまでに数日間研修が行われています。

特に土日はかなり忙しい業務となるため、通常の研修よりも長めに日程が決められるようです。また、研修が終わっても、すぐに一人でのレジではなく、必ず先輩が横について見守るというシステムになっていることが多いですね。

高校生や大学生にとって、機械の操作は飲み込みが早いとされますが、接客用語や接客スキルは一から覚えることが多いので、研修にしっかりと時間をかける必要があるのです。

特に土日の二日間しかバイトに入れない人たちにとっては、機械操作と接客スキルを習得するためには、通常のバイトの人たちよりは研修が長くなります。

スーパーだけでなく、家電メーカーにしても土日のみのバイトは集客のために必要な人々で、いなければ困る存在なのです。

土日のバイトは忙しさとの戦い

土日限定の仕事は多くのお客様をひとりでも多くさばくことが大切です。

そのためには、マニュアルをしっかりと守り、間違いのない仕事をしなければなりません。万が一ミスがあれば、結局お客様にも迷惑がかかることと、レジなどの打ち直しが生じて、かえって二度手間となります。

どんなに忙しくてもミスのないように落ち着いて作業を進めることです。

また、土日ならではのイベントなどもスーパーや家電メーカーで行われることがあります。そのイベントの準備などのバイトもありますが、一定の時間内に作業を終わらせなければならない場合もあります。

土日のバイトはとにかく忙しく、時間との戦いだと考えて良いでしょう。

土日限定のバイトのメリットは何だろう?

土日限定のバイトは学生にとってはとても有効活用ができるという点で魅力があります。また、主婦にとっても、夫に子供を託して、働けるというメリットがあります。

その上、土日のバイトは平日よりも時給が高いことが多く、効率良くお金を稼ぐことができます。

イベントや単発のバイトであれば、その日払いという形も多く、バイトが終わった時点で給料が手渡しされることが多いです。日払いのバイトは、すぐにお金が必要な人にとっては嬉しいシステムですね。

また、すぐに現金になることで働いた実感がわき、次のバイトへの意欲を駆り立てるのでしょう。特にイベントなどの仕事は、継続的にバイトを続ける人が多いようです。

このようなイベントなどの単発のバイトは、直前に募集されることもあるので、日頃から求人のチェックをしておかないとなかなか気づかない場合があります。

逆に一度経験すると、イベント会社の方から次の仕事を一般よりも先に紹介してくれることもあるので、人間関係を構築しておくと良いですね。

土日バイトのデメリットとは?

学生にとって、土日はバイトをする絶好のチャンスではあるのですが、一方で土日にバイトを入れてしまうと友人との予定を入れられなくなります。

つまり、学校かバイトしかなくなり、友人と話したり、遊びに行く時間がなくなります。バイトをするから仕方がないとはいえ、あまりにストレスをためてしまうと精神的に追い込まれることになります。

学校も行って、バイトもして、でもできれば友人と遊びに行く時間も確保できるようにシフトの調整をしましょう。

そのためには上司にきちんと事情を話し、自分のワークライフバランスを整える必要があります。

また、土日のバイトは通常よりも仕事が忙しくなります。平日の仕事を見ていて楽だと感じたとしても、土日は一日中忙しいのが当たり前なので、その心構えは必要です。

土日バイトを長く続けていくコツ

土日のバイトは慣れてしまえばその忙しさも苦にならないようになるでしょう。土日のバイトは人気が高く、一度辞めてしまうとなかなか戻れないと言われています。

空きがすぐに埋まってしまうのです。

土日のバイトを続けていくためには、予定をしっかりと組み、他の予定は平日に済ませるようにして、土日は確実に空けておくことです。

そして、バイト採用の担当者には、いつでも確実に入れることを示しておきます。

採用担当者との信頼関係を作っておけば、土日は必ず入れてもらえるように配慮してもらえるでしょう。

その意味でも土日の急な休みは厳禁です。決められたシフトは厳守しましょう。

土日のバイトをしっかりとやり切り、目標のお金を稼ぎましょう。

 

当ブログには管理者の他、各アルバイト経験者の方が多数参加して、嘘の無い実体験をお届けしています。