バイトで日払い!1日でお金を稼ぐ!

昨今では様々な形態のバイトが存在しています。

通常は学生や家庭の主婦が、自分の空き時間を利用して一日だけのバイトをすることがあります。

そのバイトとはどんな仕事があるのでしょうか?また、お給料はどのように渡されるのでしょうか?あまり知られていない超短期バイトについて検証します。

バイトの様々な形態!一日だけで稼げる仕事

一日だけの超短期バイトという求人を見かけることがあります。これはどんな仕事があるのでしょうか?

超短期バイトで検索をすると、様々な仕事が見つかります。

まず目に留まるのは、アイドルの握手会のようなイベントスタッフです。その日一日だけのバイトですが、高待遇で日給は2万円近いものもあります。

イベントの内容によって日給の金額はいろいろですが、人が多く集まりそうなイベントほど高給となっているようです。

勤務時間は朝から夕方までで8時間くらいがほとんどで、イベントの運営補助が仕事となります。実際にはお客様の誘導や会場整備、最後の会場片付けなど、そのイベントの準備から最後の会場撤収までに関わります。

重い荷物を運ぶこともありますし、人員整理などは肉体的な労働が多いので、若い男性にお勧めのバイトと言えるでしょう。

他にも引っ越しセンターの補助要員や、街中でのアンケート調査員など様々な一日バイトがあります。

自分の希望を絞り込んで興味のアルバイトを探すといいですね。

女性にお勧めの一日バイトとは?

女性ならではの一日バイトもあります。

昨今、話題となっているのが美容モニターのバイトです。

これは派遣会社から先に美容エステなどの施術料を受け取り、モニターとして施術を受け、そのモニター料金として報酬をもらえるという仕事です。

有名な美容エステサロンなどでの仕事も多いので、女性にとっては喜びが一杯のバイトですね。しかも、一日で終わる手軽さが受けているのです。

また、お歳暮の季節になると、デパートのお歳暮の受付カウンターの仕事で一日から可能のバイトを募集をします。

これは学生に人気の仕事で、お客様のお歳暮の商品受付をパソコンで行うバイトです。

特に必要なスキルもなく、簡単なパソコン入力だけなので、楽なバイトと言えるでしょう。

変わったところでは、一日モデルのバイトなどもあります。

写真教室のモデルや絵画教室のモデルなど、一日完結のバイトなので興味ある人は一度経験してみても良いかもしれませんね。

一日バイトはそのほとんどが日払いってほんと?

一日だけのバイトは、日払いであることがほとんどです。

そのため、履歴書不要のものも多く、数日前に手続きさえすれば可能となるバイトです。

一日のバイトが終わった時点で、手渡しでその日の日給を受け取って帰ります。すぐにお金が欲しい人や、現金決済を希望する人には嬉しいシステムですね。

そして、この一日バイトは一般のバイトよりも高収入となることが多く、一日バイトを週に何日か入れて、生活費を稼いでいる人もいるくらいです。

また、一日バイトは専門の派遣会社経由での仕事も多いので、継続してやりたい場合には派遣会社に登録をしておくと、次の仕事が簡単に見つかるようです。

派遣会社の場合も日払いがほとんどなので、気軽に様々な仕事を体験することができますね。

真面目な勤務状態が認められて、派遣会社側から次の仕事をオファーされることもあるので、登録しておくと便利かもしれません。

一日バイトのメリットを考える

一日限定なので、予定が立てやすく、自分が入れる時だけできるバイトはとても効率的です。

さらに数日前の応募で良いので、急な出費がある場合などそれに合わせて仕事を探すことができます。

また、その仕事内容はいろいろなものがあるので、自分の興味がある仕事を次々と体験できるというメリットがありますね。

やってみたいけれど続くかどうかわからない、実際には仕事内容はどうなのかなどと興味はありつつ、勇気がなかった仕事も、一日だけなら体験的にやってみようという気持ちになれます。

一日だけのバイトだから給料も高いので、新しいチャレンジをする価値がありそうですね。

一日バイトのデメリットはどこにある?

一日限定のバイトなので、バイト先の人間関係はほとんど築くことはできません。

もちろん、それがメリットととらえる人もいるのですが、すべてが知らない人ばかりなので休憩時間などに孤独感を感じてしまいます。

また、仕事中にわからないこと、困ったことがあっても相談できる人が見つかりにくく、自己解決しなければならないことがほとんどでしょう。

一日限定のバイトなので、次へのバイトにつながるということはほぼありません。

定期的な収入を求めようと思ったら、次々と仕事を探さなければならないので、精神的に疲れるというデメリットがあります。

また、バイトの日に急な体調不良や休養が入ってもキャンセルがしにくいという点もあります。他の仕事と違って、代わりの人を探すことができないため、無理をして出勤することが多くなるでしょう。

まれにですが会社側の都合で、バイトの日程が変わったりバイトのキャンセルになったりするなど、仕事に対する保証が完全ではないこともデメリットとして挙げられるでしょう。

とはいえ、割り切って自分の都合に合わせた仕事をしたい人には一日バイトはお勧めです。

当ブログには管理者の他、各アルバイト経験者の方が多数参加して、嘘の無い実体験をお届けしています。